ISO 13485 医療機器
品質マネジメントシステム

ISO 13485

QMS ISO 13485 医療機器BSI

ISO 13485 規格は、医療機器に対する品質マネジメントシステム(QMS)の要求事項を包括的に満たすのに効果的です。

ISO 13485 を採用することは、メーカーが医療機器指令、法規制の順守だけでなく、医療機器の安全性と品質への約束を実証するための実用的基盤を提供することにつながります。

BSI では、150名以上の審査員が国際的に医療機器メーカーの品質マネジメントシステム審査に携わり、BSI の ISO 13485 の認証は、世界中の公共事業機関、及び医療機器メーカーに信頼されています。


ISO 13485 品質マネジメントシステム

ISO 13485 は、国際的に認められ、受け入れられた ISO 9000 品質マネジメントファミリー規格から派生した、QMS規格です。

ISO 13485 は、ISO 9000 のプロセスベースのモデルを、法規制下にある医療機器の製造現場向けに適応したものです。ISO 13485 は、ISO 9001 のプロセスモデル(Plan-Do-Check-Act)に基づいていますが、法規制順守を達成するために設計されているという特徴があります。このことから、ISO 9001 よりも本質的に規範的で、より徹底的に文書化された品質管理システムを必要とします。

ISO 13485 は、医療機器メーカーがプロセスの有効性を確立し維持するための品質管理システムを設計する際に、その助けとなることを意図して開発されました。 ISO 13485 に基づく品質マネジメントシステムを確立することで、意図された目的において安全である医療機器の、一貫性のある設計、開発、生産、設置、及び提供が確実となります。



ISO 13485 初回認証審査の流れ

BSI による ISO13485 の初回認証審査は、下記の流れで実施されます。


ISO 13485 の認証を取得することのメリット

ビジネスの範囲が国際的か、日本国内であるかに関わらず、ISO 13485 認証は、市場での競争力拡大に役立ちます。

ISO 13485 認証を取得することで、企業は、顧客や規制当局に品質に対する責任を示すことができます。

  • 世界的な市場へビジネス展開する足がかりとなる
  • 組織全体のプロセスを見直し、改善する方法を見つけることができる
  • 効率の向上、コスト削減につながる
  • 自社は、安全で効果的な医療機器を製造していることを証明できる
  • 規制要件や顧客の期待に応えることができる

ISO 13485 と CMDCAS、CEマーキングサービス

ISO 13485 は、医療機器メーカーが、医療機器業界の法規制への順守を証明するために採用できる最善の国際的に認められたモデルです。ISO 13485 は、欧州指令の下で、医療機器 CEマーキングの基盤として認められる品質マネジメントシステム規格です。ISO 13485 を取得することは、カナダ保健省カナダ医療機器規則、CMDCAS プログラムを含む世界各国の規制に対応する上で、ますます必須となりつつあります。

ISO 13485 認証は、欧州医療機器指令の下で、医療機器 CEマーキングの直接要件ではありませんが、欧州委員会で整合規格として認められています。CEマーキングの主要なノーティファイド・ボディ の一つとして、BSI はCEマーキングを取得するために医療機器メーカーをサポートしています。