ISO 22301
事業継続マネジメント

サプライチェーンの高度化など、様々な技術が発達したことにともない、一企業の影響領域が拡大しています。すなわち、一企業の事業中断が、一度に、より多くのステークホルダー(利害関係者:取引先、投資家、地域住民など)に影響をもたらすことを意味します。

いまや従来からの「人命保護、資産保護」を目的とした防災対策では、今日求められる「重要な製品及びサービスの継続」といった目的を達成するには不十分です。「重要な製品及びサービスに影響を与えるインシデント」が起きたときに、重要な事業を支える重要な活動を継続する、もしくはできるだけ早期に復旧することが、今企業に求められています。



ISO 22301 とは

ISO 22301(BCMS:Business Continuity Management System)は、組織の重要な製品またはサービスに重大な影響を与えるインシデントの発生の際に、「事業を継続する」ために必要な企業活動を管理するフレームワークの国際規格です。

重要な製品またはサービスに重要な影響を与えるインシデントは、地震やテロ、システム障害またはインフルエンザといった伝染病まで現在多種多様に存在しています。


ISO 22301 のメリット

  1. フレームワーク
    事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)のための国際的なベストプラクティスに基づくフレームワークを提供します。
  2. レジリエンス(回復力・復旧力)の向上
    企業や組織においてその事業が停止してしまうような事態に陥った際にも、受ける影響の範囲を小さく抑え、通常時と同等のレベルで製品やサービスを提供し続けられる能力(レジエンス)の向上を提供します。
  3. 各種計画の策定 IMP/BCP
    インシデント発生時の初期/初動対応計画を記したインシデントマネジメント計画(IMP:Incident Management Plan)と事業継続や事業復旧に必要な活動を明示した事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の策定は緊急時の迅速、効率的な活動の具体的な手順を明らかにしていきます。
  4. 製品とサービスの提供力
    業務中断後、組織が、主力製品やサービスについて顧客への提供が可能な状態へできるだけ早く復旧させることが可能なように、実証された方法を提供します。
  5. マネジメント対応力の向上
    業務事業中断による影響を適切にマネジメントし、演習を通じて作成した事業継続計画の実効性を検証していくことで組織のレピュテーション(評判)やブランドを守る能力が養われます。
  6. 競争優位性
    事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)に対するフレームワークの構築は、サプライチェーンマネジメントにおいても事業継続に関する客観的な指標を示すことができ、市場の拡大も期待できます。
  7. ビジネスの改善
    事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)に基づいた演習、継続的な改善への」トップマネジメントの積極的な関与などによりマネジメントシステムを組織の文化へ取り込んでいくことで組織全体で事業継続マネジメントに関するより明確な理解が得られ、改善の機会を見出すことができます。
  8. コンプライアンス
    法規制を順守していることを明示することができます。
  9. コスト削減
    内部や外部のBCM監査の負担を削減する機会が見出せるほか、事業中断に対応する各種保険の保険料についても加味される可能性があります。