Search BSI

からの検索結果 BSI site

Search results found 977 results

ISO 45001 概要解説 無料セミナー

 ISO 45001を導入検討されている、またはOHSAS 18001から移行の準備をされている皆様へ      BSI ジャパンの審査員が直接説明!新規格 ISO 45001発行に向けて、概要・スケジュール・要求事項等の重要ポイントをご説明いたします。 ISO 45001国際規格案が2018年3月12日に発行されました。 ISO 45001が発行されたため、OHSAS 18001は廃止される予定です。現在OHSAS 18001の認証を受けている組織は、ISO 45001へ移行に向けて3年間の期間が設けられます。 労働安全衛生マネジメントシステムの導入は組織にとって重要な問題とされており、今回の発行を機に注目が集まっています。 ISO 45001の理解を深めることで、労働安全衛生マネジメントシステム体制の準備を整え、ISO 45001 の導入を効率的に行うことができます。 今回のセミナーでは、審査員から見た各箇条における重要ポイントの説明に重点を置いた内容でお届けします。本セミナーを通じて、ISO 45001の重要ポイントとメリットを皆様と共有させていただきたいと思っております。 OHSAS 18001からの移行、またISO 45001の導入に向けて、お客様が効率的な準備ができるよう、BSIジャパンは引き続き支援させていただきます。 セミナーは無料でご参加いただけます。    皆様のご参加をお待ちしております。

Brexit と BSI Medical Device Notified Body に関する最新のお知らせ

2018年に入り、EU加盟27か国と英国との将来の関係性についての交渉が続いております。2018年秋には交渉が合意に達することが予想されています。英国は、2019年3月29日にEUを離脱するスケジュールですが、この時点では、MDD、AIMDD、IVDDの全要求事項を含むEU法は依然として英国にも適用され続けます。英国の法律は移行期間においてはEU法と整合した形を取り続け、この措置は現時点では2020年12月31日まで維持されることが提案されています。 なお相互承認協定(Mutual Recognition Agreement, MRA)が合意され、2020年以降もこれらの法律が有効であり続けると想定されています。 MDRとIVDRはこの時点では全面的に適用されていません。そのため、(EU離脱後に医療機器を規制する)英国の国内法には規則(Regulation)の中からごく限られた条項だけが適用されることになってしまいます。この懸念はその他のEU法についても同様で、そのため、合意によってこの懸念が払拭されることが期待されています。今後も、この件については事態が動く都度、最新情報をご提供してまいります。