ISO/IEC 27001:2022差分解説研修

「BSI監査員資格」取得対象研修: 当研修は「BSI監査員資格」取得対象の研修です。 詳細ならびに、資格取得を希望される方は BSI監査員資格ページをご覧ください。

受講者様ご自身の習熟度を測り、研修での学びを確実なものにできる様、オンライン試験をセットにてご案内いたします。

オンライン試験の詳細については、当ページ内「オンライン試験に関するご案内」をご確認ください。


本研修は、2022年10月25日に改正されたISO/IEC 27001:2022について、2013年版との差分を解説する研修です。
※2013年版からの変更点について重点的に解説を行います。

※本研修はJRCA-ISMS(JIS Q 27001)審査員資格の2022版への移行要件を満たす研修ではないこと、あらかじめご了承ください。

【特典】『ISO/IEC 27001:2022』 の規格書(BSI翻訳抜粋版)


ISO/IEC 27001:2022の改正に関連した研修は、レベルごとに以下の通りご用意しております。ご自身の目的に合わせてご活用ください。
当研修は、ISO/IEC 27001:2013を理解されていることを受講の前提条件としており、差分解説に特化した中級レベルの研修となります。

レベル 初級 中級 中級 上級
研修名 ISO/IEC 27001:2022管理策解説研修(オンデマンド研修) ISO/IEC 27001:2022差分解説研修 ISO/IEC 27002:2022 新11管理策導入実践研修(JRCA登録CPDコース ISMS) ISO/IEC 27002:2022 全93管理策差分解説研修(オンデマンド研修)
受講対象者
  • 情報セキュリティ担当者
  • 内部監査員

2022年版を理解する必要のある 

  • 情報セキュリティ担当者
  • 内部監査員
  • 組織に導入する業務を担う情報セキュリティ管理責任者
  • 審査員
  • コンサルタント
  • 審査員と同じレベルで理解する必要のある方
研修内容

2022年版の附属書Aに掲載された93の管理策を学ぶ。
※2013年版からの「差分についての説明」は参考情報としてのみ資料に記載

2022年版と2013年版の差分を学ぶ。      

 

 

2022年版で追加された新しい11の管理策について、「演習」を通じて、実践的な導入スキルを学ぶ。 2022年版に掲載された93の管理策の詳細について学ぶ。
受講形式

オンデマンド

ライブオンライン

(講義形式)

ライブオンライン

(ワークショップ形式)

オンデマンド
受講時間 3時間 1日(9:30-17:00) 1日(9:30-17:00) 9時間

 

各研修の違いにつきまして、約4分の動画でご紹介しております。是非ご視聴ください。

受講によるメリット

  • ISO/IEC 27001:2013とISO/IEC 27001:2022の差分を理解できる。
  • ISO/IEC 27001:2022附属書Aの管理策についてISO/IEC 27001:2013との変更点を理解する。
  • ISO/IEC 27001:2022附属書Aの管理策の目的と“望ましい慣⾏”を理解する。
  • ISO/IEC 27001:2022を⾃らの組織のISMSへ適⽤できる。