ISO 45001とは

ISO 45001は、世界初の労働安全衛生の国際規格で、2018年3月12日に発行されました。

ISO 45001規格を導入することで、安全かつ健康的な職場環境の構築、事故・労働災害および病気の予防、継続的な労働安全衛生のパフォーマンスの向上などが可能になります。

大規模・小規模どの組織にも適しており、組織にとって最も重要な資産である ”人” を守り、卓越性と組織レジリエンスの向上が可能になります。

主に下記の利点を享受できるようになります。

  • 積極的なリスク予防、革新および継続的改善による組織レジリエンスの向上
  • 法令遵守を強化による事業損失の削減
  • 安全で健康的な職場環境を確実にして、ブランドの責任を示す
  • あらゆる規模のビジネスに対応する世界的な労働安全衛生システム

ISO 45001邦訳版は以下からお買い求めいただけます。
> 日本規格協会様Webサイト







OHSAS 18001からISO 45001へのアップグレードに関して

現在OHSAS 18001の認証を受けている組織は、ISO 45001へ移行に向けて3年間のアップグレード期間が設けられます。

BSIでは、ISO 45001を最大限に活用するための知識と、皆様をサポートする専門家、アップグレードを効率的に実行するトレーニングコース等を用意しています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。