組織レジリエンスとは?

組織レジリエンスとは、「組織が存続し繁栄するために、漸進的な変化や突然の混乱に対して予見、準備、対応、適応する能力」を意味します。 

これは、リスク管理だけでなく、ビジネスの健全性や成功に関するより包括的な見方を指します。  レジリエンスのある組織とは、単に長期間存続するだけでなく、年月の試練を乗り越えながら繁栄できる組織を意味します。 

互いに繋がり合ったダイナミックな現代世界で繁栄するために、組織レジリエンスは戦略的に欠かせないものです。  これは一度限りの取り組みではなく、時間をかけて長期的に達成すべきものです。  組織レジリエンスをマスターするには、優れた習慣やベストプラクティスを取り入れ、組織のあらゆる面で能力や可能性を引き出すことによって業務改善を実現する必要があります。これにより、リーダーは自信を持って評価されたリスクを取り、訪れた機会を最大限に生かすことができます。.



レジリエンスのある組織の様相および利点

レジリエンスのある組織の運営方法には、強力に支配する機敏なリーダーシップに適応可能であるという特徴があります。

レジリエンスのある組織は、以下の点で優れています。

  • 戦略的な適応性 –たとえ主要事業から離れる必要があっても、変化する状況に対処できる。 
  • 敏捷なリーダーシップ –自信を持って評価されたリスクを取り、機会と脅威の両方に迅速かつ適切に対応できる。
  • 堅牢なガバナンス –信頼性、透明性、革新性の文化に基づいて組織全体で説明責任を果たし、ビジョンと価値観に忠実であることを保証する

組織レジリエンスの必須要素と領域

組織レジリエンスの3つの必須 要素 

  • 製品の優秀性
  • プロセスの信頼性
  • 人々の行動

組織の可能性を広げるために役立つ組織レジリエンスの3つの機能 領域 は次の通りです。

  • オペレーションレジリエンス
  • サプライチェーン・レジリエンス
  • 情報レジリエンス