お客様の声
ISO/IEC 20000:2011
IRCA認定 ITサービスマネジメント
システム審査員コース受講
株式会社パスコ様

株式会社パスコ様(東京都目黒区 代表取締役社長 古川 顕一様) では、経営理念に則り、持続的に企業活動を通じて社会に貢献する、品質方針・環境方針・情報セキュリティ方針を定めた統合マネジメントシステムを構築・運用されています。2017年にはクラウドセキュリティ及びITサービスマネジメントシステムに関する認証も取得されています。今回は複数のBSI研修コースを受講いただいている中から、IRCA認定 ITサービスマネジメントシステム審査員コースを受講いただきました山中隆様、南幅義仁様にお話を伺いました。

株式会社パスコ システム事業部 業務管理部 品質マネジメント課 主任技師 山中隆様

株式会社パスコ システム事業部 業務管理部 品質マネジメント課 主任技師 南幅義仁様

 

インタビューさせていただきましたお二人は、システム事業部 業務管理部 品質マネジメント課に所属されています。品質マネジメント課は、外部に提供するITサービスの技術推進を行う部署として、マネジメントシステムの浸透と推進を図っています。お二人はそれぞれ東京と大阪で実際に取り仕切る立場としてご活躍されています。山中様は品質マネジメントシステムの審査員コースを受講された経験があり、マネジメントシステムについては既に一定の知見をお持ちです。一方、南幅様はITILや管理策に精通しているという異なるバックグラウンドをお持ちです。

 


 

-審査員コースを受講されたきっかけを教えてください

ITサービスマネジメントシステムの認証取得に向けて、審査員レベルのことを学んでおくため受講しました。また、ちょうど品質マニュアルの改定を行う予定があり、その中にはITサービスマネジメントの考え方も取り入れているため、もっと詳しく知っておきたいと思ったこともきっかけとなりました。(山中様)

マネジメントシステムを現場で導入・推進するには、内部監査員の力量がとても重要になってくると考えており、内部監査員を育成するひとつの施策として審査員コース受講があると捉えています。受講した我々の知見を活かして内部監査員を育成していくというサイクルを回していこうと考えており、その最初のきっかけとなるのが審査員コースの受講です。(南幅様)

 

-IRCA認定審査員コースを選んだ理由があれば教えてください

IRCAは世界的にもっとも普及している国際審査員資格であること、また内部監査や二者監査も経験として認められ、審査員補より上位の資格レベルに昇格できる可能性もあることが良いと考えています。(山中様)

 

-研修を受講していただいた効果はいかがでしたか?

ITサービスマネジメントシステムについて、何となく必要というレベルから、必然性のレベルへと理解が高まりました。中身を理解したことで、より具体的な活用性を見いだせるようになりました。また、内部監査にも外部審査を受ける際にも役立ちました。受講前は見ただけではよく分からなかったISO/IEC 20000の規格も受講後はとてもよく分かるようになりました。(山中様)

ISO/IEC 20000はある程度分かっていたので、どちらかというと、ISO 19011に基づく監査のプロセスが分かり、監査とコンサルの違いも明確に分かるようになりました。具体的なサンプル企業をイメージにした実践的な演習で進めていただいたので、辛かったですが規格をより理解できるようになるにはかなり助かりました。また、講師の方が余談で話されていた審査実体験が内部監査を行う上で大変参考になりました。(南幅様)

 

-BSIでの研修受講の良いところを教えてください

審査現場の実体験が聞けて良いと思いました。BSIはグローバルで最もバリューの高いISOマネジメントシステム専門機関であり、研修機関としても、一定レベルを保っているという安心感があります。プロセスアプローチについて日本は後進国なので、そういう面でも品質の高いサービスを提供いただいていると思います。(南幅様)

 

-貴重なお話をありがとうございました。

 


株式会社パスコ様に関して

今回インタビューにご協力いただきました株式会社パスコ様の詳細情報に関しては、下記のリンク先よりご参照いただけます。

URL:http://www.pasco.co.jp/


IRCA認定 ITサービスマネジメントシステム審査員コース

マネジメントシステムの運用事務局や内部監査員リーダーとして、審査員と同等レベルの審査/監査のスキルとISO/IEC 20000の専門性を身に付ける研修コースです。

IRCA認定 ITサービスマネジメントシステム審査員コースについて詳しく見る