BIM ISO 19650 パート2: プロジェクトデリバリーフェーズ研修

BIMプロジェクトの発注者、情報管理者、チームリーダーが、ISO 19650-2規格と情報要件と情報提供計画を作成する方法を理解し、ISO 19650に準拠したBIMプロジェクトに関連するさまざまな機能とタスクも理解する研修です。

本研修を通して、受講者はISO 19650-2が規定する内容と、それが実用上何を意味するかについて、更に理解を深めることができます。本研修は、ISO 19650に準拠したBIM導入という広範囲なテーマの一部としての、受講者による自身のプロジェクトへのISO 19650-2導入を支援することを狙いとしています。

本研修では、ISO 19650-2に直接関連する場合を除き、他の関連規格を含むBIMのその他の側面についての説明は意図的に省略しています。

受講対象者

  • BIM(Building Information Modelling)について学びたい方
  • ISO 19650-2規格について理解されたい方

学習目的

プロジェクトへのBIM導入を行う 発注者、情報管理者、チームリーダーが、ISO 19650-2規格について詳しく理解する。情報要件及び情報提供計画を定義する方法を理解する。プロジェクト(英国におけるBIMの導入を含む)に関連するさまざまな機能及びタスクを 理解する。

受講によるメリット

この研修を受講することにより、次の事項に関するスキルを身につけることができます:

  • プロジェクト交換情報要件(PIR)、情報規格、及び被選定者固有の交換情報要件(EIR)の策定方法を理解する。
  • BIMの能力を評価し、BIM実行計画と情報配信計画を作成する方法を理解する。
  • グループ活動において重要な情報管理プロセスを実行する。

ISO 19650-2の詳細、及びそれらがすべてのタイプのプロジェクトにどのように適用されるかについて理解を深めていきます。ISOの箇条ごとのレビューとしては構成されていませんが、研修の中で、箇条に関する、具体的な質問に関して議論も可能です。

受講料に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 受講証明
    コース受講後、電子メールにて「受講証(PDFファイル形式)」をお送りいたします。※コース受講当日に紙での受講証が必要な方は別途お問い合わせください。

※ご昼食は含まれておりません。

受講要項

研修時間

  • 9:30 - 17:00 

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

教育事業部

045-414-3026

Japan.Training@bsigroup.com