世界食品安全会議2018

BSIは、2018年3月5日(月)から8日(木)の4日間、グランドニッコー台場 東京(東京都港区)にて「GFSI 世界食品安全会議2018」に参加致します。

GFSI (Global Food Safety Initiative) では、2001年から世界各国で「GFSI世界食品安全会議」を開催しており、食品安全に関する最新動向を共有しています。今回初めて東京が開催地として選ばれ、2018年3月5日(月)から8日(木)までの4日間、お台場の”グランドニッコー台場 東京”で開催されます。

今回は” いつでもどこでも安全な食を - Safe food for consumers everywhere - ”をテーマとして、イオン社、コストコ社、マクドナルド社、デブリーズ・グローバル社、イギリス食品安全協会はじめ、世界中から経営者・食品安全専門家が集まる予定です。

BSIは、約100年の歴史と世界182ヶ国、86,000のお客様にサービス提供しています。 また2800以上の食品・農産業関連の規格によって、食品の安全性、食糧不足、持続可能性、土地利用、エネルギー、水、企業の社会的責任の問題など、食品業界が将来的に抱える問題や、サプライチェーンの課題解決等を効率的にサポートできる体制が整っています。

当日はBSI出展ブースにて、BSIのサービスを日本語・英語でご案内させていただきます。今後もBSIは食品業界に力を入れていきます。

是非ご期待ください。


GFSI 世界食品安全会議2018

イベントの詳細は、公式サイトをご覧ください。

GFSI 世界食品安全会議2018 公式サイト