BS EN 1090 - 構造用鋼とアルミニウム

構造用鋼およびアルミニウムの規格であるBS EN 1090には、ヨーロッパで販売される製品の要件が書かれており、鋼やアルミニウムコンポーネントを設計および/または製造する組織は、この規格に準拠する必要があります。

鉄骨であれ、金属で屋根フレームであれ、構造エンジニアや部品メーカー、もしくは金属の建物/建設作業に携わる鋼またはアルミニウムベースの部品を手する方は、この点に注意する必要があります。

BSIでは、製品の市場投入を支援するさまざまな試験や認証サービスを提供いたします。



BS EN 1090へのCEマーキングは法的要件です

2014年7月以降、構造用鋼材とアルミニウムには建設製品規則(CPR)が適用されます。つまり、アルミニウムまたは構造用鋼のCEマーキングは、EN 1090-1(構造用金属細工に適用される整合欧州規格)に準拠していることを示す必要があります。

これは、建物の鉄骨およびアルミニウム構造物に関するBS EN 1991シリーズの規格(Eurocode 3および9)に適合するように設計され、または製造された構造部品をカバーしています。また、BS EN 1090-1に準拠していることを示す必要があります。BSIはNotified Bodyとして、お客様への鋼またはアルミニウム製品におけるCEマーキングサービスのご提供を通して、お客様が要件を達成するためのお手伝いをいたします。BSIでは、製品の市場投入を支援するさまざまな試験および認証サービスの提供が可能です。