DFIR(デジタルフォレンジック&インシデント レスポンス)概論研修 (JRCA登録CPDコースISMS)

本研修は、JRCA登録ISMS審査員の資格維持に必要な継続的専門的能力開発(CPD)研修(5時間分)です。

近年のサイバーインシデントの急激な増加により、デジタルフォレンジックが注目されています。

デジタルフォレンジックとは、マルウェア感染やサイバーインシデントが発生した際に、発生経路や原因究明、被害範囲の正確な把握を目的として、PCやサーバ、ネットワーク機器、クラウド環境を対象に行う調査・鑑識作業のことで、近年のデジタル化の中で年々、需要が高まっています。

本研修では、デジタルフォレンジックが必要とされる背景を解説したうえで、インシデントの類型、インシデントの類型ごとのデジタルフォレンジックの一連の対処方法について解説いたします。

受講対象者

  • デジタルフォレンジックが必要な背景について理解されたい方
  • インシデントの類型について理解されたい方
  • インシデントの類型ごとの対処方法について理解されたい方

学習目的

  • デジタルフォレンジックが必要な背景について理解する。
  • インシデントの類型について理解する。
  • インシデントの類型ごとのデジタルフォレンジックの対処方法について理解する。

受講によるメリット

  • デジタルフォレンジックが必要な背景について理解できる。
  • インシデントの類型ごとのデジタルフォレンジックの対処方法について理解できる。
  • デジタルフォレンジックの活用で、マルウェア感染やサイバーインシデントが発生した際の発生経路や原因究明、被害範囲の正確な把握できるようになる。

受講料に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 受講証明書
    研修受講後2営業日以内にメールにて、電子メールにて「受講証明書(PDFファイル形式)」をお送りいたします。

※研修テキストは、 ご受講日の5営業日前までに教材をメールでお送りします。
開催日2週間以内にお申込みのお客様には、開催日程に間に合うよう随時教材の発送手配を進めて参りますが、若干の遅延が生じる場合があります。

※ご昼食は含まれておりません。

受講要項/アジェンダ

研修時間

  • 10:00 - 16:30 

研修当日の持ち物

  • 筆記用具

必要な規格書はBSI翻訳版をご用意しており、教材と一緒に事前にPDFにてお送りします。

研修の開催可否について

  • 研修の開催可否は、研修開始日より約2週間前までに決定致します。

お支払いについて

銀行振込の場合

研修開催決定後、開催日の3営業日前までにご請求書をメール(PDF)にてお送りいたします。(但し、2週間以内でお申込みされた方は、順次請求書をメール送付いたします。)請求書に記載のお支払い期日(開催日の翌月末)までに銀行振込みにてお支払いをお願いします。

クレジットカード支払いの場合

お申込み後、5営業日を目途に「お支払い済み請求書」をメール(PDF)にてお送りいたします。プロモーションコード以外の割引は、クレジットカード支払いの対象外です。

キャンセルについて

お申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされた場合には以下のキャンセル料を申し受けます。

  • 開催日の13日前~7日前まで:受講料の50%

  • 開催日の6日前~当日:受講料の全額

※ただし、早得など、キャンペーン価格でのお申込みの場合は、お申込みと同時に受講料全額(100%)のキャンセル料を申し受けます。

 

ご不明な点など、教育事業部までお気軽にお問い合わせください。

教育事業部

045-414-3026

Japan.Training@bsigroup.com