PCI DSS について

PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard、ペイメントカード業界データセキュリティ基準) とは、加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、カード情報セキュリティの国際的なデータセキュリティ基準です。

PCI DSS は、国際ペイメントブランド5社(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ディスカバー)が策定した基準ですが、同5社が共同で設立したPCI SSC (Payment Card Industry Security Standards Council)によって運用、管理されています。