CSMS認証
制御システムのセキュリティマネジメントシステム

制御システムは、電力、ガス、石油、化学、鉄鋼等や、食品や機械等の生産・加工のラインの管理で用いられており、近年、セキュリティ対策の必要性が高まっています。BSIは、国内初のCSMS認証機関として、審査・認証サービスを提供しています。

※ CSMS:Cyber Security Management System for IACS(Industrial Automation and Control System):産業用オートメーション及び制御システムを対象としたサイバーセキュリティマネジメントシステム



CSMS認証とは

CSMS認証は、産業用制御システム向けのサイバーセキュリティマネジメントシステムを確立するための要素を定義したIEC 62443-2-1*を基準とした第三者認証制度です。

汎用技術の進歩により、電力、ガス、石油、化学、鉄鋼等におけるプラントや、食品や機械等の生産・加工のラインの管理で用いられている制御システムがサイバー攻撃の対象となりうる状況のなか、セキュリティを確保するためには、制御システムを適切に構築、運用することが求められます。

CSMS認証制度は、制御システムの製造やオペレーションを行う組織が、制御システムのセキュリティ対策において管理面から継続的に向上することを目的に、2014年4月に確立されました。