交通輸送の未来:システムの相互運用性と規格

未来の交通手段は、環境や道路への影響を最小限に抑えながら、旅行者の利便性を最大限に高めることでしょう。BSIの新しいレポートでは、このビジョンを達成するために交通データが果たす役割に焦点を当て、どのようにしてこれを実現するかのロードマップを示しています。

 

 

Future of Transport(FoT)は、単一の製品としてアクセス可能な、相互接続された交通輸送モードのシステムによって、旅のニーズを満たす交通輸送ユーザーを想定しています。FoTは、利便性を最大限に高めながら、二酸化炭素排出量、汚染、渋滞を最小限に抑えることを目指しています。そのためには、交通機関のプロバイダーやオペレーター、サービスアグリゲーター、決済機関、地方自治体などが、相互に理解しやすいフォーマットで正確なデータを交換可能である必要があります。

BSIの調査で実証されたように、規格はここで重要な役割を果たします。また、組織の手順は、技術的要因よりもはるかに大きなデータ交換の障害となりうることがわかっています。2018年に英国の運輸省(DfT)が行ったFoTに関するコンサルテーションを受けて、BSIはFoTに関する現在の規格状況の調査を依頼され、「The Future of Transport: System Interoperability and Standards(交通輸送の未来:システムの相互運用性と規格)」というレポートを作成しました。

BSIは、FoTの開発に必要なシステムの相互運用性やデータ交換の促進に関する多くの既存規格を特定しましたが、レポートを通して、将来の交通輸送の目標を実現するためには、さらに多くの規格が必要になることがわかりました。これには、サイバーセキュリティやデータプライバシーなど、FoTに関係していても本レポートの対象外となっている領域の規格は含まれていません。

さらに、既存の規格がどのように適用されるべきかについての認識を深めることは、規格採用の助けとなるでしょう。なぜなら、特定された全規格がすべての状況に関連しているわけではなく、規格間で適用範囲が重複しているからです。明らかに、FoT関係者がこの状況を乗り越えるためのガイダンスが緊急に必要です。

所見を受けて、レポートでは以下の通り、FoTの発展に向けた一連の提言がなされました:

1. 第1の提言は、関係者の役割及び責任、そしてデータの管理に最初の焦点を当て、FoTのための規格を開発する必要があるというものです。このような規格は、FoT運用の原則に対応しており、「FoTとは何か」 という疑問に答えるだけでなく、データコモンズ管理の原則や、サービスサプライヤーと顧客間の相互作用のポイントにも対応しています。

 

2. これが、レポートの2番目の提言である「データオントロジーの開発」につながります。このオントロジーは、さまざまなFoT関係者によって生成されるデータの正確かつ共通の認識を定義します。このようなデータは、旅の「どこで」 および 「どのように」 に加えて、それに関連する支払いや発券情報にも対応しています。

FoTセクターではすでにデータ交換規格を検討する活動が行われていますが、これらはまだ調整がされていません。さらに、すでに利用可能なデータに対する共通の認識が得られていないことも、この領域の障壁としてレポートに挙げられています。

推奨されるデータオントロジーの目的は、理解を深め、すでに行われている作業をより適切にうまく調整することです。レポートでは、このダイナミックな問題に対して、公式な規格はあまりにも厳格な解決策である可能性があり、BSIの規格やDfTのプライベート規格がより適切な代替案となるかもしれないとしています。また、レポートでは、データオントロジーを開発するために、既存のFoT関係者を巻き込んで、コンセンサス主導のアプローチをとることを推奨しています。

先を見据えて、データ収集の規格を改善することで、環境保護、社会的包摂、乗客の安全に関するモビリティの目標をどのように達成できるのか、さらに検討する必要があります。

 

3.本レポートの3番目の提言は、コンセンサス主導のアプローチをとるという目的に沿って、FoTを支えるインフラストラクチャを構築・維持するためのFoT 「データ諮問委員会」の設立です。

FoTをサポートするための標準化されたデータセットの欠如や、FoTを運営するためのデータインフラを構築するための持続的なアプローチの欠如(商業上の機密性やデータ交換のメリットに対する理解不足が主な障壁となっている)などが、今回の諮問委員会で取り上げられるテーマです。

 

4. レポートにある最後の提言は、権威あるFoTコミュニティの設立です。FoTの周辺にはすでにコミュニティが存在しており、今後の意思決定プロセスにおいて貴重な資産となるでしょう。

しかし、既存のFoTコミュニティはそれぞれが孤立しており、その取り組みも断片的であるため、FoTの提供に向けたロードマップの策定には、協調した取り組みが不可欠です。

ここで直面している課題は、これまで金融サービス業界がFinTech(フィンテック)の発展に伴って経験してきたものと同様です。BSIのレポートは、業界全体のガバナンス委員会の設立により、セクターへの投資と成長を加速するのに役立ったFinTech(フィンテック)の経験から教訓を得ています。