SCM(Supplier Compliance Manager)

SCMは、サプライヤー一元管理及び、サプライヤーの評価を効率的に行います。


SCMとは

サプライヤーの一括管理や、サプライヤー評価を効率的に行うことができるツールです。サプライチェーンの複雑化により、サプライヤーの管理に課題を抱える企業は多くありますが、サプライヤーの数が多いほど、その管理について膨大な時間と手間がかかります。SCMを活用することによって、サプライヤーの管理一元化、効率化させ、さらにサプライヤー自身のリスク評価を様々な側面から速やかに行うことが可能になります。



SCMの特徴

SCMの活用により、自社サプライヤーの情報管理やリスク評価を一括して行うことが可能になります。また、サプライヤーとのコミュニケーションの円滑化だけでなく、自社(特に他部署や経営層)との情報共有も1つの画面上で行うことができるため、大きな業務効率化が見込めます。