規格を使用してビジネスへのリスクを軽減

なぜわざわざリスクを減らすのですか?

重大な事故、ITセキュリティ違反、火災、洪水、サプライヤーの損失、極端な天気 - これらのリスクがビジネスの運営を躓かせることがあり、回復するのは容易いことではありません。規格を体系的に使用して事前に準備を整えておくと、これらの脅威や予想もしなかった様々な脅威から受ける打撃をはるかに軽くすることができますし、逆にチャンスに変えることすらできるかもしれません。

事件が発生した場合は、ダウンタイムや回復にかかる時間その他のすべてのコストが大幅に削減されます。

しかし、リスクに対処することで、ビジネスのためになることはまだまだたくさんあります。

御社が直面するリスクを理解することで、それらを軽減するために行動し、より強靭で回復力のある事業を行い、また、それらの対応で新たなビジネスチャンスを構築することもできます。問題が発生した場合、または御社と競合他社が業界全体の課題に直面している場合、より良い装備を身につけていることで、最初の問題をしのいだ後、急速に回復し、その間市場シェアを獲得することができます。

そして、それだけではありません。リスクに取り組むことにより御社の評判を高め、顧客に大きな自信を与え、新しいビジネスを獲得し、費用を削減する可能性も高くなります。そして何より、御社の仕組みについて、またh御社の成功が何に依存しているのかを、より正確に理解することができるでしょう。


BSIの規格は、どのような種類のリスクに取り組むことを支援できますか?

  • 情報セキュリティ – 機密データは適切に保護されていますか?
  • 安全衛生 – 職場での安全衛生を管理する適切なプロセスがありますか?
  • データ保護 – 顧客の個人情報を安全に保管していますか?
  • サプライチェーン・セキュリティ – サプライチェーンの一社が倒れたら、御社はどれくらいの打撃を受けますか?
  • ビジネス継続性 – 運営能力を混乱させる出来事が起こった場合、それらからの回復を支援するシステムが適切に導入されていますか?
  • 食品安全 – フードチェーンに沿って食品の安全性を確保することができますか?

BSIが生み出す違い

  • 79%のBSIの情報セキュリティクライアントが、事故後の早い回復速度を経験
  • 83%のBSIの事業継続クライアントが、評判が良くなったことを主なメリットとして報告
  • 49%のBSIの安全衛生クライアントが、コスト削減を達成(および 64%が事故数の減少を経験)

出典: BSIエクセラレーター リサーチ 2011 およびエラスムス大学研究


規格やスキームがリスクを軽減し、利害関係者の信頼を構築