規格で持続可能性を高める

規格で持続可能性を高める方法

規格を使用することで、エネルギーと費用を節約し、環境を救うことができます。

持続可能性は、かつてないほど重要になってきました。しかし同時に、人々は「グリーンマーケティング」という主張にこれまでになくシニカルです。環境および社会的課題への取り組みに対するコミットメントの証拠を見たいと思っています。

弊社の規格を実装することは、顧客、従業員や利害関係者に資格を証明することに役立ち、持続可能な開発へのコミットメントをアピールすることができます。 

BSIは 1992 年に世界初の環境マネジメント規格を作成して以来、エネルギー管理と持続可能なイベント管理などの新たな基準の開発する道を開いてきました。

今日弊社は、企業の規模や分野または地理的な場所に関係なく、御社が実質的に環境的、経済的、社会的な利益を提供するお手伝いをします。御社が環境や地域社会でのビジネスの影響を識別し、管理し、関連法規を理解し、そして最も重要なのは、組織全体で強力なポリシーを実装することにより、より効率的にリソースを使用できるよう支援します。これは環境のためになるだけでなく、御社の最終利益にも実際の違いをもたらします。


規格により、どのような改善が可能でしょうか?

  • 環境マネジメント – 少ないリソース、廃棄物削減、リサイクルを増やし、埋め立てを減らす
  • エネルギーマネジメント – エネルギーコストを削減する
  • 排出量の検証 (英語)– ただ宣言するだけでなく、検証する
  • カーボンニュートラル – ゼロ炭素排出量を達成
  • 社会的説明責任 (英語)– 地域社会への影響力を理解し、向上させます。
  • 持続可能な調達– 再生可能資源に対するコミットメントを示します。
  • それだけではなく、持続可能な地域社会から企業の社会的責任へ。

組織はどのような結果を得られるでしょう?

  • 63% が ISO 14001 に起因する直接的なコスト削減
  • 74% が企業の評判の改善を報告
  • 76% がコンプライアンスを向上
  • 61% スタッフのモラル向上を報告

出典:  インターナショナル BSIエクセラレーター リサーチ 2011