OHSAS 18001 労働安全衛生マネジメントシステム

OHSAS 18001は、労働安全衛生マネジメントのベストプラクティスを定めています。OHSAS 18001の労働安全衛生マネジメントシステムを導入することで、従業員、顧客からの信頼の獲得だけでなく、組織や業務の価値向上を実現することができます。


OHSAS 18001 概要

OHSAS 18001は、働く人々の健康を精神的な側面を含めて守る、戦略的なリスクマネジメントツールです。

労働安全衛生マネジメントシステム(Occupational Health & Safety Management System = OHSMS)は、組織とその従業員及び関係する第三者の安全・衛生・健康面の管理を、企業経営の一環として体系的に取り入れるための戦略的なマネジメントツールといえます。労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の導入により、事件・事故、組織をとりまく脅威などのリスクを特定し管理することで組織の健全・円滑な運営を可能にします。

労働安全衛生マネジメントシステムには、企業や組織に適用される関連法規制を遵守しながら、継続的に組織の労働安全衛生を改善していくためのプロセスが組み込まれています。現在のリスクだけではなく、将来の安全衛生リスクについても管理し、改善をすることができます。



OHSAS 18001 とは

OHSAS 18001は、BSIが開発した英国規格BS 8800をベースとする、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の国際規格です。世界で労働安全衛生の規格として、最も受けられている規格といえます。労働マネジメントシステム(OHSMS)の導入・運用することで以下を達成できるよう、BSIは、皆様の組織・企業のパートナーとしてサービスを提供いたします。

労働安全・衛生・健康の観点からリスクマネジメントを行い、健全な企業経営を行います。システムの構築・運用を通じてお客様に達成していただく項目は下記が挙げられます。

  • より安全な職場環境の構築(生産性向上)
  • コストの削減(事故発生などによって生じるダウンタイムの低減による生産性の向上)
  • モラルの向上(労働意欲の向上)
  • ステークホルダーからの信頼(企業イメージの向上)

国際規格OHSAS 18001に基づく認証とは、組織・企業の労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)が、この安全衛生規格OHSAS 18001が定める内容に適合していることを弊社BSIといった第三者認証機関によって認められるということを意味しています。

1999年に発行されたOHSAS 18001は、改訂を経て2007年7月にOHSAS 18001:2007として発行されました。

また、OHSMS(労働安全衛生マネジメントシステム)のISO化が2013年決定し、ISO 45001として、201610月発行が見込まれています。


OHSAS 18001のフレームワーク

OHSAS 18001は主に次の各セクションで構成されています。

  • 一般要求事項
  • OHS方針
  • 計画
  • 実施及び運用
  • 点検
  • マネジメントレビュー

OHSAS 18002

OHSAS 18002:2008は、OHSAS 18001実施のためのガイドラインであり、OHSAS 18001の理解と実施をサポートすることを目的に作成されました。したがって、OHSAS 18002には、OHSAS 18001をより有効に活用していくためのたくさんのベストプラクティスが包含されています。

OHSAS 18002:2008の対訳版は、2011年3月15日に日本規格協会から発行されました。この対訳版の翻訳委員会には、BSIグループジャパン株式会社の社員も委員として参加しています。