ISO/IEC 27017要求事項解説研修(JRCA登録CPDコースISMS/ISMS-CLS)

topimg

●価格改定のご案内●    

定価 37,900円(税抜)⇒ 改定価格 30,000円(税抜)

2019年開催コースより価格を改定しました。

 【特典】『ISO/IEC 27001』『ISO/IEC 27002』『ISO/IEC27017』の規格書(BSI翻訳抜粋版)

※会場変更:2019/4/18の研修会場は、「貸会議室 フクラシア八重洲」から「BSIジャパン研修ルーム(外苑前)」に変更になりました。

ISO/IEC 27017:2015について学ぶコースです。

ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 27001及びISO IEC/27002だけではカバーしきれなかったクラウドサービス固有の対策がまとめられています。クラウドサービスの普及が加速していくなか、クラウドサービス事業者また利用者は、クラウド固有のセキュリティリスクを理解し管理策を実装することが必要となります。本コースでは、ISO/IEC 27017で定義されているクラウドセキュリティ管理策の解説に加え、ISO/IEC 27001及びISO/IEC 27002との関係、認証制度についても説明いたします。

本コースは、JRCA登録ISMS及びISMSクラウドセキュリティ両方の審査員の資格維持に必要な継続的専門的能力開発(CPD)コースです。(6時間分)


受講対象者

  • クラウドサービスの事業者・利用者
  • システム開発、インフラ構築、運用保守担当(SI等)
  • その他、情報セキュリティ関連の業務担当者など

学習目的

  • ISO/IEC 27017 クラウドセキュリティの管理策を知る
  • ISMSクラウドセキュリティ認証に関する要求事項を理解する

受講によるメリット

  • ISO/IEC 27017アドオン認証取得に必要な知識を身につけることができる
  • 国際基準に基づいたクラウドサービスに関係する情報セキュリティ管理策実装ガイダンスを理解できる 

受講料に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 受講証明書
    コース受講後、電子メールにて「受講証明書(PDFファイル形式)」をお送りいたします。

受講要項

コース時間

  • 9:30 - 17:00

ご持参頂きたいもの

  • お持ちの方は、下記の規格書をご持参ください。
    JIS Q 27017:2016
    (または ISO/IEC 27017:2015
  • 当日は「貸出用」の規格書をご用意させて頂いております。(書き込みおよび持ち出しはできません)

コースの開催可否について

  • コースの開催可否は、コース開始日より約2週間前に決定致します。

お支払いについて

  • コース開催決定後、おおよそコース開催の2週間前にご請求書を郵送にてお送りいたします。コース開催日までに銀行振込みにてお支払いをお願い致します。

  • お問い合わせは教育事業部までご連絡ください。

キャンセル

  • お申込後、キャンセルをされた場合には以下のキャンセル料が発生します。

  • 開催日の13日前~7日前までのキャンセル:参加費用の50%

  • 開催日の6日前~当日のキャンセル:参加費用全額

ご不明な点など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

教育事業部

+81- (0) 3-6890-1175
Japan.Training@bsigroup.com