IoT入門研修(JRCA登録CPDコースISMS)

当研修は、企業内研修でのご提供となります。

今後セキュリティを考えていく上で必須となるIoTがもたらす世界など基本的なことを学ぶ研修です。

 インターネットに接続される機器の数は年々増加しており、2020年には家電、防犯機器、自動車、医療機器、事務機器、産業機器など、200億を超える様々な「モノ」がつながるモノのインターネット(IoT)が形成されると言われています。これらの「モノ」が所有する情報がネットワークを介して収集・分析・フィードバックされ、様々な形で活用されることが見込まれています。そのようなIoT機器はインターネットを含む様々なネットワークと接続すること、プライバシーに関わる機微な情報を外部とやり取りすること、クラウドを活用すること等を前提とし、適切なセキュリティ対策が行われていることが必須となります。

本研修では、そもそもIoTとは何か?といった基本的なことから、IoTの活用事例や付加価値を考えるような演習を交えながら学んでいきます。

また、経済産業省のIoTセキュリティガイドラインやEU一般データ保護規則(GDPR)など最新のガイドラインや規則もご紹介いたします。今後、IoT環境でのセキュリティ方針や対策を検討していく方の入門研修としておすすめです。

本研修は、JRCA登録ISMS審査員の資格維持に必要な継続的専門的能力開発(CPD)研修です。(5時間分)

受講によるメリット

  • IoTに関する基礎的な説明ができるようになる
  • IoT環境におけるサイバーセキュリティ及びインターオペラビリティ(相互運用性)に関する知識を身につけることができる