食品安全規格
(ISO 22000/FSSC 22000)
認証取得のための基礎知識と
フードディフェンス(PAS96)

企業内研修にてご提供しております。

お申込み後、担当より、ご連絡させて頂きます。
メールでお申込み下さい:Japan.Training@bsigroup.com

2008年に発生した中国産冷凍餃子事件を契機に、食品事故の企業に与える社会的影響(ビジネスリスク)の増大と消費者の食品安全意識の高まりから、食品への意図的汚染に関する対策(フードディフェンス)の必要性が論じられるようになりました。さらに、昨年末より食品汚染防止としてフードディフェンスの重要性をさらに問われる事件が立て続けに発生しており、消費者から食の安全性を求める声はさらに高まりを見せています。そのため食品業界全体がフードディフェンスに対する取り組みを喫緊の課題としてせまられています。


受講対象者

以下のような目的をお持ちの方に有用であると考えます。

  • ISO 22000/FSSC 22000の認証取得を目指す組織の担当者の方
  • フードディフェンスについて学びたい方

学習目的

コース内容

  • 食品業界の動向
  • GFSIについて
  • ISO22000/FSSC22000の概要
  • FSSC22000要求事項の解説
  • 認証取得に取組む留意点
  • 認証取得された組織の事例紹介
  • フードディフェンス・PAS96について

受講によるメリット

このコースを完了すると、以下について理解できます。

  • 食品安全に関する業界の動向について学ぶことができる
  • GFSIについて理解出来る
  • ISO 22000/FSSC 22000の概要について理解出来る
  • ISO 22000/FSSC 22000の認証取得のポイントを学ぶことができる
  • フードディフェンス及びPAS 96について学ぶことができる

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。