AS/EN/JIS Q 9100 航空宇宙品質マネジメント

航空宇宙産業において、安全性と信頼性の確保は、非常に重要な課題となっています。製品・サービスの不適合が致命的となるこの業界では、リスクを減らし、信頼できる製品・サービスを提供するためにも、品質マネジメントシステムを有効に運用することが必要不可欠です。


JIS Q 規格と AS / EN 規格

IAQG(国際航空宇宙品質グループ)は、航空宇宙産業の品質マネジメントシステム規格を世界共通のただ一つの規格文書として発行することはせず、日本では JIS Q 9100、米国では AS 9100 及び欧州では EN 9100 の3規格を相互認証された航空宇宙産業の品質マネジメントシステム規格として制定されています。

これらの3規格は、IAQGのOversightチームが相互監視することにより同等性が担保されているため、JIS Q 9100/ AS 9100/ EN 9100全ての認証は同等として認められています。

 

詳細はこちらをクリック(外部サイト)


AS/EN/JIS Q 9100 とは

AS/EN/JIS Q 9100 は、ISO 9001 に航空宇宙産業界特有の要求事項(機能・性能及び安全性の確保などを目的としたプロジェクト管理、リスク管理、形態管理、キー特性・クリティカルアイテム管理、初回製品検査などの要求事項)を追加した航空宇宙産業における品質マネジメントシステムの国際的なセクター規格です。

航空宇宙産業は従来使用されてきたMIL-Q-9858Aが廃止されたことを受け、国際航空宇宙品質グループ(IAQG)を設立し、AS/EN/JIS Q 9100 規格を策定しました。

お客さまが顧客(ボーイング社やエアバス社など)の要求に応え、製品・サービスの品質及び信頼性を向上できるようBSIジャパンはサポートします。