監査員のためのコミュニケーション技術向上研修

IRCA-CPD-ロゴ

<IRCACPD19002>

JRCA登録CPDコース名:
監査員のためのコミュニケーション技術向上研修(JRCA登録CPDコースQMS/ISMS)

当コースは、JRCAとIRCA登録CPD研修(5時間)です。

※IRCAはどの規格でも有用なCPDコースです。JRCAはISMS,QMS対象のCPDコースとなります。

【特典】『ISO 19011』の規格書(BSI翻訳抜粋版)

当コースでは、一般的なコミュニケーション技術や、対人能力の原則、 言葉以外の手段を用いたコミュニケーション、聞き取りの技術、 信頼関係を構築するための技術、 困難な意思の疎通に対処する方法、 効果的な説明の技術について学びます。

また、監査の開始や、監査計画の準備、監査を実施しながらの意思の疎通、監査の結果と是正処置の説明と準備など、監査員に必要な被監査者とのコミュニケーション技術をご紹介します。

受講対象者

  • マネジメントシステムの内部監査員及び外部監査員
  • マネメントシステムの事務局の方

学習目的

以下についての知識を身につける。

  • コミュニケーション技術が内部監査の成功の基礎である理由を説明できる。
  • 利害関係者と被監査者に対し、より良い影響を与えるための効果的な関係と関係構築戦略を実証できる。

以下のスキルを身につける

一般的なコミュニケーション技術を日常業務に取り入れ、監査チームメンバーや監査プロセスに関わる人々と効果的に対話できる。

以下の生産的かつ専門的な被監査者との関係を構築、維持できることが実証済みの技法を身につける。

  • 監査対象者から重要な情報を引き出す。
  • 実行された監査作業を効果的に要約する。
  • 有意義なフィードバックを提供する。

受講によるメリット

  • 実績のあるコミュニケーション技術を使用して、より効果的で影響力のある監査を実施することができる。
  • 監査に関わるすべての関係者との 困難な意思の疎通に対処するための技術をもって監査を行うことができる。
  • 監査結論を出す為の最も効率のよい方法に従い、被監査組織を説得する方法での是正処置を作成することができる。
  • 初回会議と最終会議を自信を持って執り行うことができる。

受講料に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 受講証明書
    コース受講後、電子メールにて「受講証明書(PDFファイル形式)」をお送りいたします。

※ご昼食は含まれておりませんので、ご持参ください。近隣にコンビニエンスストアやレストランもございます。

受講要項/アジェンダ

研修時間

  • 10:00 - 16:00  

研修当日の持ち物

  • 筆記用具

※必要な規格書は貸出またはBSI翻訳版をご用意しております。

※認定研修の場合、名刺・身分証明書が必要な場合があります。ご受講前にメールにてお送りする「受講確認書」にてご確認ください。

研修の開催可否について

  • 研修の開催可否は、研修開始日より約2週間前までに決定致します。

お支払いについて

  • 研修開催決定後、開催日の約2週間前までにご請求書を郵送にてお送りいたします。(但し、2週間以内でお申込みされた方は、順次請求書を発送いたします。)請求書に記載のお支払い期日までに銀行振込みにてお支払いをお願い致します。

キャンセルについて

お申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされた場合には以下のキャンセル料を申し受けます。

  • 開催日の13日前~7日前まで:受講料の50%

  • 開催日の6日前~当日:受講料全額

※ただし、早得など、キャンペーン価格でのお申込みの場合は、お申込みと同時に受講料全額(100%)のキャンセル料を申し受けます。

 

ご不明な点など、教育事業部までお気軽にお問い合わせください。

教育事業部

045-414-3026

Japan.Training@bsigroup.com