世界基準のHACCP構築のために
食品安全規格最新動向 概要解説セミナー

本セミナーは終了致しました。

多数のご参加誠にありがとうございました。


この度 BSIグループジャパンでは、食品関連事業者の皆様に対して、食品安全規格の動向、弊社プライベート認証規格である "BSI HACCP & GMP" に関してわかりやすくご説明させていただく無料セミナーを開催いたします。今回は特別に、食品規格分野で豊富な経験を持つ、 BSI アジア・パシフィック地域 食品事業ディレクター Todd Redwoodによる講演も予定しております

 

世界の食品安全規格 最新動向・概要解説セミナー画像

 


HACCP義務化と国際標準・基準の動向

  

今日、食品関連事業者においては、食の安全・安心を確実にするため管理手法の一つとして、国際標準・基準への準拠、その適合確認のための監査・認証は外せないものになっており、組織はより安全・安心な食品の提供を確実にすると共に、ステークホルダーに対して説明責任をおこなっていく必要があります。


その顕著な動向として、厚生労働省が2018年までの法制化を進めているHACCP義務化があります。国際機関であるコーデックス委員会が、食の安全を確保するため、組織としてアプローチすべき指針として示している、HACCPにもとづいた運営を、日本の食品関連事業者としての義務とするということになり、これは既にEU/アメリカで法制化されております。今回の日本の取り組みは「満を持して」の法制化とも言えます。

 


- 実はシンプルな概念 -

本来の意味での "HACCP概念"、ご存知でしょうか?

 

ご承知の通り HACCP は国際機関であるコーデックス委員会によって策定されたものが基準になっていますが、日本では本来のHACCP概念が適切に伝わらないまま、現在に至っていると言う意見があります。
その例として、自治体等の”日本独自のHACCP認証" が数多く存在しており、標準化のための”HACCP概念”のはずが標準化されていない状態であり、"日本独自"の状況と概念が存在しています。

今回のHACCP義務化は、国内の食品安全を高めるだけでなく、国際市場へアプローチするきっかけになりえますが、その点において"日本独自のHACCP認証" の概念のままでは、日本の法律対応ができないだけでなく、世界市場の要求事項に対応できない可能性があります。
世界市場においてビジネスを活性化をするためには、根本的なHACCP概念を理解し、また国際トレンドが考慮されたHACCP認証が、非常に重要なキーファクターとなります。

HACCP&GMP


食品ビジネス活性化への最短ルート

~世界市場に通じるHACCP体制の構築へ

 

HACCP&GMP

 

BSIは世界180カ国以上、80,000以上の組織にサービスを提供してきた、世界市場における認証業界のパイオニアです。またHACCP認証においても、20年前から "BSI HACC & GMP"サービスの提供を通じて、各国の食品事業関連会社が世界市場でビジネス展開するための手助けをしてきた実績があります。

"BSI HACCP & GMP"はHACCPの根本的な概念と、現在の食品産業企画の国際的なトレンドを取り入れて策定されており、日本市場・世界市場に通じるHACCP体制が構築できます。また近年、米国への輸出の際に要求されている FSMA (米国食品安全近代化法)基準にも遵守できる附属書が追加される予定で、米国への輸出をスムーズに対応できるようになります。

当セミナーでは、"BSI HACCP & GMP”のご紹介、ケーススタディを通じてHACCPの概念のご説明、FSMA対応等、今後の食品ビジネスにおいて重要な役割を果たすトピックに関して、ご来場の皆様にわかりやすくご説明させていただきます。

今回は、特別スピーカーとして、BSIアジア・パシフィック地域・食品事業ディレクターの Todd Redwoodによる講演も予定しております。また、BSIグループジャパン 食品審査部プロダクトマネージャー 岡田綾子より、 "BSI HACCP & GMP" の概要解説も開催いたします。

参加者の皆様には、より現実的で、実効性のある食品安全の仕組み作りに対するきっかけを掴んで頂くことが出来れば幸いです。皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。




セミナー概要

プログラム

第1部 世界で通用するHACCP体制構築のために

講師: Todd Redwood (BSI アジア・パシフィック地域 食品事業ディレクター)

- HACCP 策定の背景・概念・概要の説明
- 海外における事例紹介

第2部 BSI & HACCP 規格の詳細 
講師: 岡田 綾子 (BSIグループジャパン 食品セクター審査部 プロダクトマネージャー)

- BSI HACCP & GMP 要求事項の概要

参加を
お勧めする方
  • 食品関連企業経営者の方
  • 食品安全マネジメントシステム管理責任者/担当役員の方
  • 食品安全マネジメントシステム構築を必要としている、食品関連組織のご担当者様
  • HACCP、FSMAを勉強されている方
  • FSSC 22000もしくはISO 22000導入済み、または検討を始めるお客様
担当講師

1部担当講師:

Todd Redwood (BSI アジア・パシフィック地域 食品事業ディレクター)


2部担当講師:

岡田綾子 (BSIグループジャパン 食品セクター審査部 プロダクトマネージャー)


2003年より、マネジメントシステム・コンサルティング会社にて代表取締役兼コンサルタント、また、審査機関において契約審査員としての活動を開始。2014年、ウォルマートジャパン(西友)・食品安全部ダイレクターとして、PBサプライヤーへのGFSI承スキームの認証取得を推進。2016年にBSIグループジャパンに入社、現在に至る。


参加費用 無料
無料セミナーのためキャンセル料は発生しません。
欠席される場合はお手数ですが、下記までご連絡ください。
マーケティング本部(Tel:03-6890-1174)
会場の都合上、1社2名様までのお申込みとさせていただいております。
お申込みは、1名様につき1度お願いいたします。
定員に満たない場合は中止の可能性もございます。
また、定員となりましたら受付を締め切らせていただきます。
何卒ご了承ください。
同業他社の方のお申込みはご遠慮ください。