BSIグループジャパン(英国規格協会)、小口保冷配送サービスに関する国際規格 PAS 1018 を発行

2017年3月1日

BSIグループジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 五十嵐 泰文、以下BSIジャパン)は、ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 山内 雅喜、以下YHD)からの依頼に基づき、小口保冷配送サービスに関するPAS規格 PAS 1018:2017(以下、PAS 1018)を、2017年2月28日に発行いたしました。

PAS 1018


1.PAS 1018策定の背景について

保冷宅配便サービスは、世界各国での経済成長や通信販売の拡大により需要が高まっています。しかし、日本国外では、必ずしも十分な品質のサービスが提供されていない現状があります。そこで、生活者の安全性や利便性の向上、地域経済の活性化、小口保冷配送サービスに関わる市場の健全な成長に貢献したいという考えのもと、PAS 1018の策定プロジェクトを進めておりました。規格策定には、日本国内の保冷宅配便サービスを扱う事業者をはじめ、海外の組織も複数参画しました。

※PAS 1018策定に参画した組織(順不同)

・佐川急便株式会社
・株式会社ニチレイロジグループ本社
・公益社団法人日本通信販売協会
・一般社団法人日本物流団体連合会
・日本郵便株式会社
・一般社団法人日本冷凍空調工業会
・一般社団法人日本冷凍食品協会
・公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
・国立大学法人一橋大学
・ヤマトホールディングス株式会社
・BSI Consumer & Public Interest Network (UK)
・Cambridge Refrigeration Technology (UK)
・Dearman (UK)
・Food Storage & Distribution Federation (UK)
・Ideaspeak International (UK)
・Ocado (UK)
・Paneltex Ltd. (UK)
・London South Bank University, Centre for Air Conditioning and Refrigeration Research, United Kingdom (UK)
・President Transnet Corporation (台湾)
・National Kaohsiung First University of Science and Technology, Taiwan (台湾)
・Cold Chain Logistics Committee of China Federation of Logistics & Purchasing (中国)

2.PAS 1018について

PAS 1018は、保冷車両を用いた保冷配送サービスのうち、途中で荷物を積み替える輸送形式のサービスを対象にしたものです。車両に搭載されている保冷庫などの空間の温度管理を軸とし、配送中の積み替え作業に関する要求事項を規定しています。

【PAS 1018の主な内容】

  • 保冷配送サービスの概要設計
  • 輸送ネットワークの整備
  • 保冷荷物の取り扱い
  • 事業所、保冷車両、保冷庫、冷却剤の条件
  • 作業指示書とマニュアル
  • スタッフへのトレーニング
  • 保冷配送サービスのチェックと改善

3.PAS 1018の今後の展開について

現在、日本の物流企業は、アジアの旺盛な物流ニーズを取り込むとともに、質の高い物流システムの海外展開を通じ、アセアン地域等における物流環境の改善に向けて貢献すること等が求められております。また、海外の物流企業との競争も激化している中、適正な競争環境を主体的に構築していくという観点が重要です。このため、日本の物流企業が有する質の高い物流システムの規格化・国際標準化等を推進し、その海外展開を図ることが有効な手段です。

これを受け、2016年3月より、オールジャパン体制で物流システムの国際標準化を推進することを目的として、国土交通省主催で官民からなる連絡検討会が設置されました。これまでに計4回開催されており、PAS 1018に関しても先行事例として中心的な議題に取り上げられております。

今後、アジアを中心とした各国の物流事業者がPAS 1018の認証を取得することで、サービス品質を向上し、お荷物を送る方や受け取る方が安心して小口保冷配送サービスを利用できる社会の実現を目指します。

4.PAS 1018の認証取得について

PAS 1018の発行を受けて、BSIジャパンは、認証サービスの提供を開始すべく、認証スキームの運用に必要な体制を整えてまいります。

ヤマトグループは、PAS 1018の認証取得に向けて準備を進めてまいります。

5.BSIジャパンについて

BSI(British Standards Institution:英国規格協会、以下BSI)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルです。現在、150カ国以上で64,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。

BSIジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人であり、マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。国内に60社以上ある審査機関の中でも多くの規格の認証サービスを提供している審査機関の一つであり、業界をリードする審査機関です。また、日本ならびに世界のお客様に対しPASを策定・発行するサービスを提供しています。日本国内でこのPAS規格策定サービスを行えるのはBSIジャパン唯一となります。

6.その他

  1. PAS 1018:2017の購入方法
    BSI SHOP(BSI英国サイト)から直接お求めいただけます。
    ※BSI SHOPでの発売は、3月2日以降となる場合があります。
  2. BSIグループジャパン(英国規格協会)とヤマトホールディングスが保冷宅配便サービスに関するPAS規格(公開仕様書)策定プロジェクトを開始
    (平成28年3月25日ニュースリリース)

お問い合わせ先

BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会)マーケティング本部
TEL: 03-6890-1174 FAX: 03-6890-1181
Email: Japan.Marketing@bsigroup.com

ヤマトホールディングス株式会社 広報戦略担当 山本・小林
TEL: 03-3541-4141
Email: koho@kuronekoyamato.co.jp