BSIジャパン、大阪府行政書士会とマイナンバー制度に関する業務分野で業務提携開始

2017年2月23日

BSIグループジャパン株式会社は、平成29年1月24日、大阪府行政書士会と、マイナンバー社会保障・税番号制度に関する業務分野について、業務提携を開始致しました。

 

マイナンバー社会保障 大阪府行政書士会 BSIジャパン 写真

業務提携を記念した調印式において:
写真右より、大阪府行政書士会 会長 髙尾 明仁 様、
BSIグループジャパン株式会社 代表取締役社長 五十嵐 泰文

 

BSIジャパンでは、情報セキュリティ分野の知見を生かし、マイナンバー制度に対応しなければならない事業者に向けたGAP分析サービスである「マイナンバー点検サービス」を行っています。また、行政書士は法律の専門家として、マイナンバー制度においても、事業者が法令に基づいて制度対応のための体制構築を行うに際しそれを支援する業務を行っています。

 

このたびの業務提携により、マイナンバー制度をはじめとする情報関連法令分野において相互に情報交換を行い、大阪府行政書士会会員のスキルアップ研修などに展開します。

 

※BSIがISMSの認証をする組織に対しては、本サービスは提供できません。


大阪府行政書士会について

大阪府行政書士会は、行政書士法第15条に基づき設立された法人で、大阪府内に事務所を置くすべての行政書士により構成されています。
平成29年2月22日現在、大阪府内の行政書士は個人が3,065名、法人が53法人となっています。


BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について

BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。

BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。

マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関である。

URL:https://www.bsigroup.com/ja-JP/


お問い合わせ先

BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会)
マーケティング本部
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-28 青山(セイザン)ビル5階
TEL:03-6890-1174
FAX:03-6890-1181
Email:Japan.Marketing@bsigroup.com