BSIグループジャパン(英国規格協会)とヤマトホールディングスが保冷宅配便サービスに関するPAS規格(公開仕様書)策定プロジェクトを開始

~日本における保冷宅配便サービスの安全・安心な水準を、世界のスタンダードへ~

2016年3月25日

BSIグループジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 山内 雅喜、以下YHD)からの依頼に基づき、保冷宅配便サービスに関するPAS規格策定に係る契約を締結し、取り組みを開始しました。

本PAS規格(PAS 1018:2017)では、アジアをはじめとする世界各国での保冷宅配便サービスを安全・安心に利用できる環境を整え、生活の利便性向上や地域経済の活性化、保冷宅配便サービスに関わる市場拡大に貢献すべく、世界初の国際規格の策定を目指します。

 

1.PAS規格策定の背景と目的

YHDは、1988年に世界初の保冷宅配便サービス「クール宅急便」を開発し、現在アジア5か国・地域でも日本と同水準のサービスを提供しています。

現在、アジアをはじめとする世界各国での経済成長や通信販売の拡大により、保冷宅配便サービスの需要が急速に高まっています。しかし、その一方で、必ずしも十分な品質のサービスが提供されていないのが現状です。

YHDは、日本の宅配便業界が長年培ってきたノウハウや運用基準に基づいた規格を策定し、保冷宅配便サービスの利便性と業界全体の信頼性を向上させ、お客さまに安心・安全な保冷宅配便サービスをご利用頂きたいと考えています。PAS規格を策定することによって、生活者の安全性と利便性の向上や地域経済の活性化、保冷宅配便サービスに関わる市場の拡大に貢献したいと考えています。

また、国土交通省の諮問に対し、社会資本整備審議会・交通政策審議会は 『今後の物流政策の基本的な方向性等について』(2015年12月25日)において、「多頻度・小口配送や定時配送等といった顧客ニーズに応じたきめ細やかなサービス、コールドチェーン、宅配システム等我が国物流事業者が有する世界でも最高水準のサービスやノウハウ等を基に、アジア諸国とともにアジアの標準を積極的に形成していくことが重要である。このため、我が国物流システムの規格化・国際標準化を主導的に果たしていくような取組の検討が必要である。」と答申しています。今回のPAS規格策定については、政府のこうした取り組みや、関連する業界と連携して進めていきます。

本PAS規格は2017年早期の完成を目指し、発行後は、各国で保冷宅配便サービス事業者が認証されることで、安心して保冷宅配便サービスを利用できる社会の実現を目指します。

2.PASとは

PASは「Publicly Available Specification」の略であり、日本語では「公開仕様書」です。「一般に公開されて誰でも使用できる規格」であることを意味します。PAS規格が国際的に広く活用された実績をもとに、BSIが国際規格とすることをISOに提案することで、PAS規格からISO化された規格がこれまでに多く存在します。PAS規格は、信頼できる公に認知された規格を作成したいという希望があれば、どのような組織(企業、政府機関、団体、NPO、学術機関など)でも作ることが可能です。世界の規格開発活動において多く利用されている「コンセンサス・ベースアプローチ」に基づき、BSIが長年の経験と実績に基づいて作り上げた規格開発のプロセスに従って行われています。

3.BSIとBSIジャパンについて

BSI(British Standards Institution:英国規格協会、以下BSI)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルです。現在、150カ国以上で64,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。

BSIジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人であり、マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。国内に60社以上ある審査機関の中でも多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、業界をリードする審査機関です。

また、日本ならびに世界のお客様に対しPASを策定・発行するサービスを提供しています。昨今、自社に関係する業界あるいは技術分野の標準化を、自らリーダーシップを発揮して推進し、国際・国家規格を策定していきたいという機運が高まっており、また、製品・技術・サービスを適正に評価したいがそのための基準や規格が存在しないという課題も多く見られます。このような情勢を受け、BSIはPAS規格を民間企業から政府まで様々な組織から依頼を受けて開発しています。日本国内でこのPAS規格策定サービスを行えるのはBSIジャパン唯一となります。

URL:https://www.bsigroup.com/ja-JP/

 

■お問い合わせ先

BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
TEL: 03-6890-1174 FAX: 03-6890-1181  Email: Japan.Marketing@bsigroup.com

ヤマトホールディングス株式会社 広報戦略担当 山本・小林
TEL: 03-3541-4141  Email: koho@kuronekoyamato.co.jp