TPM (Total Productive Maintenance) 解説研修 (オンデマンド研修)

TPMとは、製造業の工場を対象とした生産性の向上を達成するための活動及び改善を体系的にまとめたマネジメントシステムです。近年では、ISO 22400やIATF 16949にOEEやTPMといった用語が記載されました。TPMという改善システムはますます世界各国で活用の広がりを見せています。

TPMの提唱者である公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会「JIPM」と協議し、製造業やプロセス産業に役立つ決定的なアプローチを示した規格がPAS 1918です。本研修を通じて、TPM活動や活動で使われるツール及び指標を適切に使用し、組織の生産性向上にお役立ていただくとともに、PAS 1918:2022についてご理解いただくことを目的としています。

本研修は、製造業の新入社員の方やTPMの基本について学びたい方を対象としたオンデマンド研修です。

受講によるメリット

  • TPMの基本について理解できる。
  • 組織の生産性向上を達成するためのTPM活動について理解できる。
  • TPM活動で使われるツール及び指標について学習できる。