事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)研修

topimg

●セット価格(BIA・BCP)のご案内●

定価 30,000円(税抜)⇒ 1つのコースが 21,000円(税抜)

2コースをご受講の方に限り、1つのコースが特別価格となります。
WEB申込ページでのお申込時は定価となりますが、請求書発行時に
1つのコースが21,000円にて請求書を発行いたします。

※お申込ページの「発注番号/備考」に 「BCP受講 特別割引(●月●日受講)」と日付と合わせてご入力ください。 ご入力が無い場合はご優待価格が適用されませんのでご注意ください。


近年、自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合の企業活動への影響を想定し事業継続計画や事業継続管理に対する重要性が高まっております。


本コースでは事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析は、組織における重要な事業・業務(基幹事業・業務)・プロセス、それに関連するリソースを特定し、事業継続のための脆弱性分析を行います。受講者は個人やグループでの演習を通して実践的に分析手法を学んでいきますので、受講後、自組織の事業継続への取り組みに積極的に活用していくスキルが身につきます。

 

■講師:畑 寛和(はた ひろかず)

畑 寛和(はた ひろかず)

  • 株式会社エイチ・フォー 代表取締役
  • 国際審査員認証機構(IRCA)諮問委員
  • 静岡事業継続マネジメント協同組合 副理事長
  • ISO主任審査員 / 統合マネジメントシステム構築コンサルタント 

電気機器製造メーカーに30余年勤務。その間、生産、生産管理、設計・開発、経営管理部門を経験し、品質・環境・労働 安全衛生・情報マネジメントシステム事務局責任者として海外工場を含めた4工場・関連5社にまたがる統合管理システム を構築。2006年株式会社 エイチ・フォー設立後、ISOとBCP・BCMを融合させたシステム構築・指導は日本でも有数との定 評があり、マネジメントシステム専門誌「アイソス」へ独自のシステム構築理論に関しての寄稿や国際審査員認証機関 IRCAでの講演・パネリストを通じて高い評価を受けている。 東日本震災震災をはじめ、タイ大水害、熊本地震、糸魚川大火、北九州水害、北海道胆振地震、台風21号被害調査など、 現場での状況確認の活動を行っている。


受講対象者

  • 組織のBCM事務局・担当者
  • 事業継続計画(BCP)担当者
  • リスク管理担当者
  • ビジネスインパクト分析(BIA)について学びたい方

学習目的

  • ビジネスインパクト分析の実践手法を理解する
  • 戦略的な事業継続にビジネスインパクト分析を活用する

受講によるメリット

  • 特定の業務が停止または中断した場合に事業全体が受ける影響の度合いを評価できる
  • 事業継続上重要なプロセスや活動を特定できる
  • 復旧を優先する重要業務とそれらの復旧優先順位や復旧レベル、また、復旧に必要なリソース(資源)を定めるスキルを身につけることができる

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食※2019年2月開催コースまでのサービスとなります。
  • 受講証明
    コース受講後、電子メールにて「受講証(PDFファイル形式)」をお送りいたします。

受講要項

コース時間

  • 9:30 - 16:30

ご持参頂きたいもの

  • 特にございません。

コースの開催可否について

  • コースの開催可否は、コース開始日より約2週間前に決定致します。

お支払いについて

  • コース開催決定後、おおよそコース開催の2週間前にご請求書を郵送にてお送りいたします。コース開催日までに銀行振込みにてお支払いをお願い致します。

  • お問い合わせは教育事業部までご連絡ください。

キャンセル

  • お申込後、キャンセルをされた場合には以下のキャンセル料が発生します。

  • 開催日の13日前~7日前までのキャンセル:参加費用の50%

  • 開催日の6日前~当日のキャンセル:参加費用全額

ご不明な点など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

教育事業部

+81-(0)3-6890-1175
Japan.Training@bsigroup.com