事業継続計画 (BCP) 策定
トレーニングコース

近年、自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合の企業活動への影響を想定し事業継続計画(BCP)や事業継続管理(BCM)に対する重要性が高まっております。政府は2020年までに大企業のほぼ100%、中堅企業の50%のBCP策定割合の目標を掲げました。

本コースでは、事業継続計画(BCP)の目的や概要を理解し、BCPを策定する手法を学びます。BCPとは事業の業務の中断・阻害に対応して、事業を復旧・再開し、あらかじめ定められたレベルに回復するように組織を導く手順です。事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)結果やリスクアセスメントの内容などを基に策定していきます。コースでは、受講者は多くの個人やグループでの演習を通して実践的に学んでいきますので、受講後、BCPの目的を理解し、BCP策定、検証するスキルが身につきます。


受講対象者

  • 組織のBCM事務局・担当者
  • 事業継続計画(BCP)担当者
  • リスク管理担当者
  • 事業継続計画(BCP)について学びたい方

学習目的

  • 事業継続計画(BCP)の実践方法を理解する
  • 自組織に適した事業継続計画(BCP)を策定するスキルを身につける

受講によるメリット

  • BCPの目的及び構造を理解できる
  • BCPの適切な運用について認識できる
  • 日常業務に戻るまでのサービス復旧及び災害管理を網羅したBCPを策定できる
  • BCPを検証する演習手法を知ることができる

 


コースアジェンダをダウンロード

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コース受講後、電子メールにて「受講証(PDFファイル形式)」をお送りいたします。※コース受講当日に紙での受講証が必要な方は別途お問い合わせください。