ISO 22000
食品安全マネジメント

「農場から食卓まで」。

ISO 22000は、フードチェーン 内のすべての組織を対象とした食品安全マネジメントシステムの要求事項を規定した国際規格です。

※ 一次生産者から消費者までの食品やその材料の「生産」「加工」「配送」「保管」「取扱い」に関わる一連の段階と活動のこと



ISO 22000 食品安全マネジメントとは

ISO 22000は、ますます消費者からの注目が高まる食品安全問題に対応するISO 9001をベースにした国際規格です。原材料の生産、加工、機器の生産、包装材、洗浄剤、添加物など、相互に関連する組織を含むフードチェーンのあらゆる組織にも適しています。

ISO 22000:2005は、ISO 9001などの品質マネジメントシステムと食品安全マネジメントシステムを統合しようとする企業にも適しています。

規格は、フードチェーンに沿って食品安全基準を確保するために、次のような一般的に認識された重要な要素を組み合わせて構成されています。

  • 双方向のコミュニケーション
  • システムマネジメント
  • 前提条件プログラムおよびHACCPプランを介した食品安全ハザードの制御
  • 食品安全マネジメントシステムの継続的改善および更新

ISO 22000 のメリット

  1. ステークホルダーからの信頼性向上
    安全で高品質な食品の供給に注力していることを証明できます。
  2. コンプライアンス
    法規制への順守を支援します。
  3. ブランド力の強化と市場参入機会の拡大
    企業のレピュテーション(組織の評判、名声)、ブランド力、イメージの向上が期待できます。また、取引先からの要求に応える能力が高まり、市場参入機会が拡大します。
  4. リスク軽減
    食品安全を強化することにより製造物責任やリコール(欠陥商品回収)のリスクを軽減できます。
  5. コスト削減
    統一された規格を使用した認証により、社内外の監査コストを削減できます。
  6. 継続的改善
    認証プロセスは監視と是正措置を繰り返すことで、継続的改善に役立ちます。