ISO 22000食品安全マネジメント(FSMS)の研修コース

Food Safety Management Systems(FSMS)


研修コース

認証取得のための基礎知識とフードディフェンス(1日)

フードディフェンスについて初めて学ぶコースです。

(企業内研修でのご提供となります)

入門コース(1日)

初めて学ぶISO 22000のコースです。

(企業内研修でのご提供となります)

導入実践コース(2日間)

システム構築、運用される方を対象としたコースです。

(企業内研修でのご提供となります)

貴社の為にカスタマイズした研修コース

BSIでは新入社員教育から海外関係会社へのBSI認定日本人講師の派遣、グローバル展開を目指した認証の研修、同時認証を目的とした研修まで幅広く提供しております。

企業内研修(講師派遣型セミナー)は貴社のいつものオフィスで研修できますので、弊社の会場まで来る時間的、経済的な負担がございません。

また、貴社社員の方々が同時に意識共有できるメリットがございます。



ISO 22000とは?

食品安全マネジメントシステムは、お客様の組織の食品の安全性を確保するための経営課題を効果的に管理するフレームワークを提供します。

組織が食品安全の確保は、消費者にとっても企業にとっても世界共通の課題となっています。

安全な食糧供給が可能となった今日でも、相次ぐ事件や事故は、食品に起因して消費者が被害を被るリスクが高まっていることを示唆しています。このような背景から個々の食品の安全性を最終検査のみならず生産プロセスで確実にするためのマネジメントの規格および様々な食品安全性の管理方法を統合した国際規格へのニーズが高まりました。

※ 国際連合食料農業機関 (FAO) と世界保健機構 (WHO) による合同食品規格委員会組織は、市場シェアの拡大、コスト削減、より効果的なリスク管理、顧客満足の向上など様々な観点から経営手法の改善を求めています。

ISO 22000は、フードチェーンに関わる組織が、安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCPの食品衛生管理手法を取り入れた、ISO9001をベースとした食品安全のマネジメントシステムです。

ISO 22000には、コーデックス委員会(※)が設定したHACCP (ハザード分析及び重要管理点) の12の手順と7つの原則を含んでいます。 HACCPの原則と手順に準拠することにより、特に管理が必要なポイントに絞ってどのように管理すべきかが把握できると同時に、ピンポイントでの重点管理を行えるため、必要な管理を徹底させることができるようになります。

ISO 22000に適している業種

「農場から食卓まで(farm to fork)」フードチェーンのあらゆる組織

  • 食品製造業者
  • 輸送・保管・配送サービス業者
  • (食品)卸売業者
  • (食品)小売業者
  • (食品)飲食サービス業者
  • (食品)仕出し業者
  • 食品機器メーカー、包装材料、洗浄剤、添加物、材料等の食品関連業界

ISO 22000の認証を取得するメリット

ブランド力の強化、市場参入の機会の拡大

  • 安全で高品質な食品の供給に注力していることを証明できます。
  • 法規制への順守を支援します。
  • 会社のレピュテーション(組織の評判、名声)、ブランド力、イメージが向上します。また、小売業者からの要求に応える能力が高まり、市場参入機会が拡大します。

【関連規格】

同時導入すると良いマネジメントシステム

ISO 9001

ISO 9001は効果的な品質マネジメントシステム運営の基本となる枠組みを提供します。
ISO 9001の研修コースへ


他の規格の研修コースを見る