BSI取締役会

Sir David Brown

会長(Chairman)

Sir David Brown

2010年5月に非常勤役員として取締役会に参加し、その後2012年3月に会長に就任。1997年から2008年までMotorola Ltdの会長を務め、モトローラのグローバル・ガバナンス・アドバイザーを兼任。Royal Academy of Engineeringの評議員であり、Federation of the Electronics Industryの会長、Institution of Electrical Engineersの会長も務めた。また、Chartered Quality Instituteの初代会長を務め、在任期間中に同機関は英国王室の認可(Royal Charter)を受ける。現在、DRS Data & Research Services PLCの取締役と他2社の非常勤役員を務める。

Howard Kerr

最高経営責任者(Chief Executive)

Howard Kerr

2008年11月に役員に任命され、2009年1月に最高経営責任者に就任。Associated British Portsを経て、英国、日本、中国そして中東においてInchcape PLCの輸送、運送、B2Bマーケティング分野のビジネス開発に従事。その後入社したSHV Holdings NVのエネルギー部門では、Calor Group Ltd., UKで最高経営責任者、オランダのInternational Management Board of SHV Gasで上級副社長を歴任。

Craig Smith FCCA

グループ財務ディレクター(Group Finance Director)

Craig Smith FCCA

Executive and the Banking and General Purposes Committeesの一員。2011年8月にグループ財務ディレクターとして取締会に加わる。1985年に公認会計士としてのキャリアをCoats Viyella PLCでスタートし、オーストラリア、スペイン、英国、モロッコ、ハンガリーそしてフィンランドでの業務を担当。1997年に英国に帰国した際には、製品認証および印刷用インク業界の大手米国企業2社で欧州財務ディレクターを務める。BSIに入社する直前まで、英国の上場企業2社、Huntleigh Technology PLC(2003年から2007年まで)、およびManagement Consulting Group PLC(2007年からBSI入社まで)でグループ財務ディレクターを務める。

Dr Scott Steedman CBE

規格ディレクター(Director, Standards)

Dr Scott Steedman CBE

2012年1月、BREグローバルからBSIに入社。 エンジニアの経歴を持ち、Sir Alexander Gibb & Partners、High Point Rendel and Foster Wheeler Energyなどで上級管理職を歴任。 欧州理事会のConstruction, Research and Innovationの議長を10年以上に渡って務め、Royal Academy of Engineeringの副学長も務めた。また、ロンドン港務庁の非常勤取締役、Royal Academy of Engineeringの代表的な雑誌である『Ingenia』の編集長も務めている。


Keith Clarke CBE

非常勤取締役

Keith Clarke CBE

2010年12月に非常勤取締役に就任。元WS Atkins PLCの最高経営責任者。建築家資格を保有し、Skanska UKの最高経営責任者やKvaerner Construction GroupのConstructionの最高経営責任者を務めた。それ以前はオリンピアとヨークでにてTrafalgar Houseの管理職に就く。Construction Industry Council Health and Safety CommitteeとそのConstructing Excellence High Level Steering Groupの委員長を務めている。また、Environmental Industries Commissionの擁護者、Imperial Collegeの諮問委員会のメンバー、Forum for the Future and Engineering UKの非常勤取締役を務める。


Dr Tom Gorrie

非常勤取締役

Dr Tom Gorrie

2009年9月に非常勤取締役に就任。米国在住の米国市民。35年に渡ってジョンソン・エンド・ジョンソンで数多くの国際的な上級管理職を務める。最近では、政府業務・政策担当副社長、失効役員を歴任し、2008年に退職。現在では、ニュージャージー州のNew JerseryのRobert Wood Johnson Foundationの評議会員、ノースカロライナ州のデューク大学の理事とその医療制度の議長、ニュージャージー州のラトガース大学ビジネススクールの非常勤教授を務める。

Anthony Lea

非常勤取締役兼、社外上級役員

Anthony Lea

2007年7月に非常勤取締役、2008年5月に非常勤上級取締役に就任。 2005年に引退するまで、Anglo American Groupの役員、そしてAnglo American PLCの財務ディレクターを務める。英国、南アフリカそして北米での幅広い国際的運営経験を持つ。Blackrock World Mining Trust PLCとEmerging Africa Infrastructure Fundの会長を務める。2008年に公正貿易局(Office of Fair Trading)の非常勤取締役、英国空軍慈善基金(Royal Air Force Benevolent Fund)の会長に任命される。

Dr John Regazzi

非常勤取締役

Dr John Regazzi

2006年7月に非常勤取締役に就任。米国在住の米国市民。Elsevierの市場開発担当責任者、Elsevier IncのCEO、Elsevier Electronic Publishingの世界担当責任者を歴任。また、Engineering Information Incの社長兼CEOを務め、ロングアイランド大学College of Information and Computer Scienceの名誉教授・学部長。米国Elsevier Foundationの取締役会の会長、Engineering Information Foundationの副社長、科学技術情報サービス (米国商務省)の会長を兼任する。


Lucinda Riches

非常勤取締役

Lucinda Riches

投資銀行家として23年活躍し、そのうちの21年間はS.G. Warburg(現在のUBS)に勤務。 UBSではマネージング・ディレクター、株式資本市場担当グローバル責任者、2001年から 2007年までUBS Investment Bankの取締役員としてベンチャーキャピタル市場戦略を担当。多くのIPOsとDeutsche Post、Telia、StatoilやTelstraなどの民営化を含む世界中のクライアントの株式売買を手がける。 現在は、Lloyds Banking Group、Royal Bank of Scotland、Northern Rock and Bradford and Bingleyを含む金融機関への英国政府の投資を管理するために2008年11月に設立されたUK Financial Investments Limitedの非常勤取締役。 また、The Diverse Income Trust plcの非常勤取締役、Sue Ryderの理事も務める。

取締役会顧問

Pat Chapman-Pincher

取締役会顧問

Pat Chapman-Pincher

2011年5月に取締役会顧問に任命。国際的な公共、民間企業での取締役レベルの経験を広く保有。 また、新規事業やM&Aの経験も豊富である。Pace PLCの社外上級役員、Cavell Groupの会長、Bradford School of Management諮問委員会のメンバー。 また、Merryck MentoringでCEOメンターとして、Friends of the Earth and Groundwork Londonにも勤務。

総務部長

Tony Wales

法務ディレクター兼総務部長(Director of Legal Affairs and Company Secretary)

Tony Wales

Director of Legal Affairs and Company Secretarylとして2010年1月にBSIに入社。国際的に経験豊富な弁護士として、ザ・エコノミスト・グループのグループ総合弁護士兼総務部長、AOL Internationalの総務部長など、様々な上級法務管理職を務める。