ISO 39001
道路交通安全マネジメント

ISO 39001は、道路交通事故による死亡者や重大な負傷者の削減を目標とした道路交通安全マネジメントシステムです。

世界における道路交通事故による死亡者は、毎年約130万人、負傷者は、毎年5000万人と言われており、道路交通安全は、世界中の国々で、大きな関心事となっています。

このような中、道路交通事故による死亡者と重大な負傷者の削減を目標としたISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)の策定が始まり、2012年10月1日にIS(国際規格)として発行されました。



ISO 39001 とは

ISO 39001は、道路交通安全においての先進国と言われるスウェーデンが、2007年8月に規格策定をISOに提案したことから、策定の検討が始まりました。

スウェーデンでは、1997年に「ヴィジョン・ゼロ」(交通事故による死傷者をゼロにする)が決議され、その結果、死傷者の減少させることに成功し、世界中から注目を集めたことが、この背景となりました。

ISO 39001は、ISO/PC241で策定が進められており、30数カ国の参加に加え、WHO(世界保健機関)やOECD(経済協力開発機構)などの団体も参加しています。

日本は、国土交通省によりISO/PC241国内審議委員会が設立され、2009年から、ISO/PC241に参加するようになりました。(最初はOメンバー※1 として参加、9月のカナダ会議以降はPメンバー※2 として参加)

※1 Oメンバー(observing member)
※2 Pメンバー(participating member)


ISO 39001 の対象

下記のような道路交通安全に関わる全ての組織となります。

  • 乗客・貨物輸送に関わる組織(運輸会社、トラック・バス・タクシー会社など)
  • 自動車で、営業活動や自社配送を行っている組織
  • 自動車の設計・製造などに関わる組織(自動車メーカーなど)
  • 道路の設計・保守に関わる組織(道路管理当局など)
  • 道路交通安全の法規制に関わる組織(国・地方自治体など)
  • 駐車場を有する商業施設・組織(スーパーマーケット、駐車場管理会社など)
  • 通学に受講生・生徒が道路を使う塾・学校

ISO 39001 のメリット

ISO 39001の活用で、組織は次のようなメリットが享受できます。

  1. コストの低減
    道路交通事故予防の付加的結果として、マネジメントシステム運用に関わる費用以上のコスト削減と売上げ確保が可能になる。(例:損害保険料金の削減、労災事故による様々コストの削減)

  2. ビジネス機会の喪失低減
    重大な道路交通事故を起こした場合に、企業の存続に関わる場合がある。ISO 39001で道路安全のマネジメントシステムを構築することにより、そのリスクを低減させることができる。

  3. 企業・ブランド価値の向上
    ISO 39001取得企業として、企業のブランド価値が高まり、「道路交通安全に関して正しく経営されている企業」としての評価を得られる。
    道路交通安全は社会からの要請でもあり、自社で道路交通安全マネジメントシステムを構築することは、死亡・重傷事故の減少を望む社会からの期待に応えることなり、その社会における企業のブランド価値の向上につながる。

  4. 死亡・重傷事故の減少促進
    道路交通には、多くの組織やそこで働く人々が様々な形で関与しており、それらの多くの組織・人々は、この共通した道路安全のマネジメントシステムを利用して、お互いに道路交通安全への責任を共有することになる。
    このように、多くの関係組織・人々が責任を共有することで、死亡事故や重傷事故などの交通事故を減らすことができる。

ウェビナー

お忙しい皆様に向けて、BSIジャパンでは無料オンラインセミナーをご用意しています。お手持ちのPCとインターネット環境が揃えば、お好きな時間にオンラインでセミナー受講が可能です。