認証の状態について

認証の授与

初回認証、再認証または認証の拡大・縮小のためには、認証を授与する決定に先立って以下の認証のレビューが実施されます。

  • 要求された審査から得た情報が、認証の要求事項または認証の範囲に関して有効だったか。
  • 全ての重大な不適合が解決しているか。
  • 未完了の軽微な不適合の是正計画がレビューされ受け入れられているか。

認証の維持のため、お客様は継続してマネジメントシステム規格の要求を満たし、BSIの契約条件を順守しなければなりません。

認証の拒否

BSIは、合理的な見解でお客様が関連する法律、規格、規則又はスキームの要求事項を順守していない場合、契約に基づく義務を順守しなかった場合、又はBSIのサービスを誤解を招くような方法で使用した場合は、認証の申請を拒否あるいは認証書またはその他の文書の発行を拒否することができます。

認証の一時停止

認証は、以下のような場合は一時停止になることがあります。

  • お客様の認証されたマネジメントシステムに、その有効性に関する要求事項を含む認証要求事項に対し、常態化したまたは深刻な不適合(重大な問題)がある場合
  • お客様が要求された頻度でのサーベイランスまたは再認証審査の実施を受け入れない場合
  • お客様が自発的に一時停止を要請した場合

お客様のマネジメントシステムに対する認証は、一時的に失効となります。

認証の復帰

お客様が認証の一時停止の原因となった問題を、BSIが設定した一定期間内に解決した場合、一時停止を解除するための特別審査によって認証は一時停止の状態から復帰します。また、認証の有効期限前にBSIが再認証審査を完了できなかった場合、又はBSIが重大な不適合の修正及び是正処置の実施を検証できなかった場合、お客様の認証書は失効することになりますが、認証が失効した後、未完了だった再認証活動が6ヶ月以内に完了すれば、認証を復帰することができます。そうでない場合は、第二段階を実施する等の措置を取ることになります。

認証の取消し

認証は、以下のような場合は取消されることがあります。

  • お客様が認証の一時停止の原因となった問題を一定の期間を経ても解決されない場合
  • お客様がBSI契約条件を順守しない場合(例えば、重大な不適合が解決されない、計画された審査訪問を受け入れない等)
  • お客様が認証範囲内のサービスや製品の提供を停止した場合
  • お客様が自発的に認証の取消しを申し出た場合

認証の縮小

認証範囲は以下のような場合、縮小になることがあります。

  • お客様が認証の範囲内で提供するサービスや製品を停止した場合
  • お客様が認証の一時停止の原因を一定の期間を経ても解決されない場合
  • お客様が認証範囲の縮小を行う場合

認証範囲の縮小は、通常は、審査での確認後に審査チームの推薦に基づいて決定され、認証書が再発行されます。

認証の拡大

お客様が認証範囲内に事業所を追加した場合、製品またはサービスを認証範囲に追加した場合は認証範囲の拡大となります。認証範囲の拡大は、通常、審査での確認後又は文書レビュー後に審査チームの推薦に基づいて決定され、認証書が再発行されます。

 

組織のマネジメントシステム認証の状態は、BSIジャパンウェブサイトの「認証組織の検索」にて、公にアクセス可能な情報としております。これにより組織の認証の状態が確認できます。一時停止、取り消しとなっている認証は、「認証登録一時停止組織一覧」「認証取消組織一覧」からご確認いただけます。