機械装置及び電気・電子機器に
おけるCEマーキング
概要解説セミナー

電気・電子機器を欧州市場に上市するには、低電圧指令(2014/35/EU)を含む該当するニューアプローチ指令の要求事項に適合させ、CEマーキングを製品に貼付する必要があります。同様に機械装置を欧州市場に上市するには機械指令(2006/42/EC)を含む該当するニューアプローチ指令の要求事項に適合させ、CEマーキングを製品に貼付する必要があります。
低電圧指令に該当する電気・電子機器、機械指令に該当する機械装置の場合、製造者様ご自身で自己宣言を行うため、該当指令への適合の妥当性の真偽を製造者様ご自身で確認、判断しなければなりません。
本セミナーでは、CEマーキングの概要、低電圧指令/機械指令の概要解説に加え、関連するニューアプローチ指令の概要について解説致します。
セミナー受講後には、欧州市場とCEマーキングの仕組み(主に電気安全、機械安全、リスクアセスメント等)の全体像を捉えることができます。これから欧州市場へ製品の輸出をご検討されている製造者様にはCEマーキングの概要について理解を深めていただき、また既に自己宣言をされ欧州市場に製品を上市されている製造者様には、テクニカルファイルを見直す良い機会を提供させていただきます。


受講対象者

  • 機械/電気メーカの設計者、品証担当者等

学習目的

  • CEマーキングの制度について学びたい
  • 機械指令/低電圧指令の概要、自己宣言の方法について知りたい
  • リスクアセスメントの考え方、文書の作成方法を知りたい
  • 関連するニューアプローチ指令の概要について知りたい

受講によるメリット

  • 何故CEマーキングが必要であるか、その意義、目的について理解が深まる
  • 械指令、低電圧指令の要求事項を理解することができ、自社の自己宣言に対する理解が深まる

 


 

セミナー内容

  • CEマーキングの概要
  • 低電圧指令及び関連指令の概要
  • 機械指令及びリスクアセスメントの概要

セミナー(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト