日本GAP協会が「JGAP2016」を公表

日本GAP協会(JGAP)は5月31日、JGAPの新しいバージョンである「JGAP2016」を公表しました。

日本の標準的なGAPとして必要十分な内容を備えている「JGAP Basic 2016」と、世界の大手小売業などが参加して食品の安全性などの基準を評価しているGFSIの追加要求にも対応できる「JGAP Advance 2016」の2種類を発行しました。

国内農業の体質強化と、農産物の輸出促進目的としており、今後はグローバルGAPなどの国際規格との同等性を目指して、GFSIと調整が期待されています。

 



食品安全関連書籍

PAS 96:2014

PAS 96:2014
故意の攻撃からの食品・飲料の保護及び
防御のためのガイドライン

¥ 18,360(税込)

英語版は、2014年10月に「PAS 96:2014」(ダウンロード無料)が、BSI(英国)より発行されています。


PAS 222:2011

PAS 222:2011
動物飼料の製造における
食品安全のための前提条件プログラム

¥ 32,940(税込)


PAS 223:2014

PAS 223:2011
食品包装材の製造と供給における
食品安全のための前提条件プログラムと設計の要求事項

¥ 18,360(税込)

当規格は2015年に廃止され、現在は「ISO/TS 22002-4」に置き換えられています。