JRCA登録CPDコース
経営リスク軽減の為の
情報セキュリティガバナンスコース

※コース内容に合わせてコース名称を変更いたしました。内容に変更はございません。

情報セキュリティに対して経営リスク軽減のためどのように経営者が関与していくか、また、ガバナンスのあり方について学ぶコースです。

JRCA登録ISMS審査員の資格維持に必要な継続的専門的能力開発(CPD)コースとしても活用いただけます。CPD 7時間分(IRCA登録審査員,JRCA登録審査員)

 


JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セキュリティが経営課題となってることに対して、もはや議論の余地はありません。しかしながら、経営者が情報セキュリティを十分に理解していないことにより、対策の遅れやインシデントに対する不十分な対応となっているケースが少なくありません。

本コースでは、経営者が理解すべき情報セキュリティについて説明するとともに、経営者がどのように情報セキュリティに対して役割を果たしていくかについて、経済産業省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」なども使って説明いたします。また、経営層と円滑にコミュニケーションをとるためにも重要な、組織内にあるリスクを特定し、優先順位を付けるリスクベースのアプローチを学んでいきます。


受講対象者

  • 経営者、役員
  • CISO(Chief Information Security Officer)、情報セキュリティ責任者
  • CSIRT(Computer Security Incident Response Team)
  • 情報セキュリティに関して経営者にアドバイスおよび補佐を行う管理者

学習目的

  • 情報セキュリティ戦略と情報セキュリティガバナンスを理解する
  • 演習なども使って情報セキュリティプロセスを理解し経営者の関わり方を学習する

受講によるメリット

  • 企業の情報セキュリティ対策強化に繋がる
  • 情報セキュリティ戦略について理解できる

コース内容

  1. 情報セキュリティ基礎
  2. 情報セキュリティに対する経営層の役割
  3. 情報セキュリティ戦略と情報セキュリティガバナンス
    • リスク管理プロセス
    • セキュリティポリシー
    • 対策状況のモニタリング
    • インシデントレスポンス

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コース受講後、電子メールにて「受講証(PDFファイル形式)」をお送りいたします。※コース受講当日に紙での受講証が必要な方は別途お問い合わせください。