ISO 22301:2012
IRCA認定 BCMS
審査員コンバージョンコース(A17549)

BCMS審査員を目指す方必須コース!
既に審査員資格を有している方に向けた資格拡大コース


本コースはQMS、EMS、ISMSなどの審査員がBCMS審査員になるための国内初の3日間のコンバージョンコース(審査員資格拡大コース)です。
コースでは事業継続マネジメントシステムの審査に関する原則や実務を、全体的な監査プロセス、監査の適応範囲、監査結果の報告に至るまでの活動を通じて解説します。
受講者は講義、実践的なロールプレイ、グループ演習及びクラス全体でのディスカッションをバランス良く組み合わせた形式により、必要な監査スキルを身につけることができます。

本コースは、IRCA認定としては国内初BCMコンバージョンコース(審査員資格拡大コース)となります。

BCMS審査員を目指す方、コンサルタントを目指す方で、既に他のマネジメントシステムの

  • 「IRCA及びJRCAの審査員資格を有している方」 又は、
  • 「IRCA及びJRCAの認定された主任審査員/審査員研修コース(5日間)を合格修了されている方」

を対象としたコースです。

詳しくは、以下のような方が対象となります。

  • ISO 9001, ISO 14001又はISO/IEC 27001等の審査員資格(審査員補、審査員、主任審査員)を保有されている方
  • ISO 9001, ISO 14001又はISO/IEC 27001等の認定された主任審査員/審査員研修コース(5日間)を合格修了された方

※ 本コースにお申込みいただく際は、上記を証明する書類をご提出いただく必要がございます。

他のマネジメントシステムの「審査員資格を有していない方」又は「認定された主任審査員/審査員研修コース(5日間)を修了されていない方」はBCMS審査員/主任審査員コース(5日間)をご受講ください。


本コースを受講する方は、事前にISO 22301の規格要求事項を充分に理解しておく必要があります。

規格を理解するために、本コースを受講される前に下記のコース受講をお勧めします。

受講に当たっての具体的な事前知識

  • ISO 22301の規格要求事項をよく理解していること
  • 下記の事業継続マネジメントシステムの原則と考え方をよく理解していること:
    • 事業影響度分析の目的とメリット
    • リスクアセスメント、リスク分析の原則
    • 典型的な事業継続戦略
    • 事業継続対応の選択肢
    • BCMSのパフォーマンス測定基準
    • 監視及びパフォーマンス評価
      • 演習及び試験の手法

受講証明

試験(最終日に行う筆記試験とコース全過程で講師が行う継続評価)に合格した受講生には「合格証」を、合格基準に満たなかった受講生には「受講証」を発行させていただきます。


受講対象者

  • 事業継続マネジメントシステムに関する第三者審査を実施される審査員の方
  • 事業継続マネジメントシステムに関する専門家(BCI,DRII)の方
  • 審査員と同様のスキルを必要とされるBCMコンサルタントの方
  • 事業継続マネジメントシステム管理責任者、IT管理責任者及び情報セキュリティ管理責任者の方

学習目的

  • ISO 19011、ISO 17021、及びISO 22301に基づく監査の計画、準備、実施、及び報告をリードできるようになる
  • 内部監査責任者として、または、第三者監査を行う審査チームのリーダーとして、監査のプロセスを管理しチームをリードするスキルを身につける
  • 事業継続マネジメントシステム、その規格、審査、及び第三者認証の目的について説明できるようになる。

受講によるメリット

  • IRCAに審査員として登録する際に必要な要件の一部を満たすことができる
  • ISO 22301の監査に関する専門性を身につけることができる
  • 専門的能力開発の機会を得ることができる
  • 審査員レベルのスキルで内部審査ができるようになる

コースアジェンダをダウンロード


 

コースの認定

 

本コースは、IRCA (International Register of Certificated Auditor) の認定コースです。
本コースで発行される「合格証」は、IRCA登録審査員認証基準の「審査員トレーニング」に関する規定に対して有効です。

(注)IRCA登録審査員認証基準が2012年11月19日に改訂されました。あわせて、これまではプログラムごとに提供されていた基準文書が、「IRCA1000-IRCA審査員/監査員認証要求事項」(※)という全プログラム共通の文書に統合されました。

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    理解度テスト(筆記試験)に合格した受講者には「合格証」を、合格基準に満たなかった受講者には「受講証」を発行させて頂きます。