ISMS審査機関の視点で考える
マイナンバー対策入門コース

マイナンバー制度及び特定個人情報ガイドラインの概要を理解し、マイナンバーの取り扱いにおける注意点を理解し、社内において対応すべき安全管理措置について学ぶコースです。


2016年1月よりスタートするマイナンバー制度。社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要となり、民間企業でも従業員の健康保険や厚生年金の加入手続に今後はマイナンバーが必要になります。

マイナンバーを扱うにあたっては、数の多さに関わらず、個人情報保護法の保護措置に相当する規定を設けなければいけなくなり、また、取扱担当者には適切な教育を行うようガイドラインで規定されています。

本コースでは情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)審査機関の視点にたち、特定個人情報ガイドラインに基づく情報保護のあり方及び特定個人情報に講ずべき安全管理措置の内容を解説いたします。

また、特定個人情報管理マニュアルサンプルをお渡ししますので、マイナンバー制度にのっとった情報管理をスムーズにスタートすることが出来ます。


受講対象者

  • マイナンバー制度に関する概要を知りたい方
  • 総務、経理ご担当者等、業務上マイナンバーに関わる方
  • 経営企画部門等、会社の規定策定に関わる方

学習目的

  • マイナンバー制度の概要を理解する
  • 特定個人情報ガイドラインに基づく情報保護を学ぶ

受講のメリット

  • 特定個人情報ガイドラインによる個人情報保護を理解できる
  • マイナンバーの制度を理解し、マイナンバーの取り扱いにおける注意点を理解できる
  • 特定個人情報管理マニュアルの策定に着手できる

 


コースアジェンダをダウンロード

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。