IRCA承認 CPDコース(3.5時間)
「不適合報告書・審査報告書」の書き方

企業内研修にてご提供しております。

お申込み後、担当より、ご連絡させて頂きます。
メールでお申込み下さい:Japan.Training@bsigroup.com

経営者をうならせる監査(審査)報告書を書きたい方向けに
報告書記述のノウハウを解説します


「不適合報告書・審査報告書」の書き方コースは、不適合報告書、及び、監査(審査)報告書のライティング・スキル向上を目指す方に向けた内部監査力量アップ研修シリーズのコースです。

コースでは、品質マネジメントシステムのエキスパート集団であるAPGがまとめたガイダンス(◆)に基づき、正しい不適合報告書、及び、監査(審査)審査報告書のあり方を解説します。

また、経営者にとって組織の改善点が分かりやすい監査(審査)報告書がどのようなものかを理解するために、実際の審査シナリオを引用しながら解説し、実際に報告書を記述する演習を行います。


本コースが題材としたAPGガイダンスはISO 9001に特化していますが、本コースの内容はあらゆるマネジメントシステム規格に適用できる汎用的なものとなっています。

◆APGガイダンス:
APG(ISO 9001審査実務グループ)は、品質マネジメントシステムのエキスパートや、審査員、システムの利用者、ISO TC 176 (品質マネジメント/品質保証技術委員会)、IAFメンバーから構成されたJACB(日本マネジメントシステム認証機関協議会)傘下のグループで、品質マネジメントシステムの審査について多くのガイダンス文書やプレゼンテーションを公表しています。 本コースが題材としたAPGガイダンスは、それらのガイダンス文書のひとつで、下記のURLからダウンロードすることができます。
http://www.jacb.jp/apg.html

◆本コースは、IRCA登録審査員向けのCPD対象コースとしてIRCAの承認を受けています。(3.5CPD)

◆CPD(継続的専門能力開発): IRCAに登録している主任審査員、審査員、及び審査員補の方は、登録更新のために3年間で45時間以上のCPDの実施が求められます。
IRCAは、継続的能力開発のためにIRCAの承認を受けたCPDコースを受講することを強く推奨しています。


受講対象者

  • マネジメントシステムの事務局担当の方
  • 内部監査をご担当の方
  • 各審査員登録機関に登録されている審査員の方で、登録更新に必要なCPD(教育受講実績)を取得されたい方
  • 監査技術の向上を目指されているすべての方

学習目的

  • 客観的証拠に基づく不適合報告書の重要性を学ぶ
  • 監査(審査)報告書の役割は、監査所見の羅列や要約ではないことを学ぶ
  • 組織の改善に役立つ監査(審査)報告書のあり方を学ぶ 

受講によるメリット

  • 客観的証拠に基づく不適合報告書を記述できるようになる
  • 経営者にとって組織の改善点が分かりやすいような監査報告書を作成し、付加価値の高い審査・監査を実践するための第一歩を踏み出すことができる
  • 専門的能力開発の機会を得ることができる

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 受講証明
    コースの受講者には、「修了証」を発行させていただきます。