マネジメントシステム要求事項
(ハイレベルストラクチャー)コース

ISOマネジメントシステムの基礎となるマネジメントシステム要求事項

(ハイレベルストラクチャー)を学びたい方


ISOマネジメントシステムの基礎となるマネジメントシステム要求事項(ハイレベルストラクチャー)を、アクセラレイティッド・ラーニングの手法を用いた演習を通じて効果的に学ぶことができる1日コースです。


 

ハイレベルストラクチャーとは?

 

2012年に改定された「ISO/IEC専門業務用指針」の附属書SLが定めているISOマネジメントシステム規格の共通構造のことを指しています。

このハイレベルストラクチャーに基づいて策定されたISOマネジメントシステム規格は、構造、要求事項、用語の定義の共通化が図られ、各規格間の整合性がとられており、今後、策定・改訂されるISOマネジメントシステム規格は、このハイレベルストラクチャーに基づいて作成されることが決められています。

すでに複数の国際規格がこのハイレベルストラクチャーに基づいて策定されており、2013年に改訂された情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC 27001)もそのうちの一つです。また、品質マネジメントシステム(ISO 9001)と環境マネジメントシステム(ISO 14001)が、2015年にハイレベルストラクチャーに基づいて大改訂されます。


 

今、注目のアクセラレイティッド・ラーニングを使ったコース

 

本コースでは、ハイレベルストラクチャーを受講生の皆様に学んでいただく際に、実践的なスキルを身に付けることができ実際の仕事にすぐに応用できると注目を集めているアクセラレイティッド・ラーニングの手法を用います。これにより、受講生はハイレベルストラクチャーを単に学ぶだけでなく、それを自組織においてどのような意味を持つのか?どのように活用できるのかまでを学ぶことができ、翌日から仕事に活かすことができます。


受講対象者

  • マネジメントシステムに関わる全ての皆様

ISOマネジメントシステムの基礎となるマネジメントシステム要求事項(ハイレベルストラクチャー)学びたい方

学習目的

  •  マネジメントシステム要求事項(ハイレベルストラクチャー)の目的、発行の背景を理解する
  • ハイレベルストラクチャーの概観及び要求事項を理解する

受講によるメリット

  • すべての規格に共通する、マネジメントシステムの基礎となる考え方を理解することができる
  • 今注目のアクセラレイティッド・ラーニングによる学習によって、受講生はハイレベルストラクチャーを単に学ぶだけでなく、それを自組織においてどのような意味を持つのか?どのように活用できるのかまでを学ぶことができる

コース(受講料)に含まれるもの

  • 研修テキスト
  • 昼食
  • 受講証明
    コースの受講者には、「受講証」を発行させていただきます。