Business Standards Japan Light 2015 Aug

BSIジャパン機関誌のeNewsletter版 『Business Standards Japan Light』 を隔月で発行しております。

Light版のVol.3をお届けいたします。どうぞご覧ください。

>>過去のニュースレターはこちら

 

画像が正常に表示されない方はオンラインでご覧ください。
bsi making excellence a habit. Business Standards Japan Light
BSI Japan eNewsletter - 26 Aug 2015
今年は猛暑日の続く厳しい夏となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回が3号目となる、BSIジャパンの機関誌 BSJ Light eニュースレターをお送りいたします。ついにFDISが公開されたISO 9001 / ISO 14001改定に関する情報や、注目のマイナンバー制度、またいち早く取り入れたい『キャパシティ・ビルディング』のBSI的アプローチについて、お届けいたします!是非ご覧くださいませ。
≫過去のニュースレターはこちら
ISO 9001(品質)、ISO 14001(環境)改定最終段階!FDIS(最終国際規格案)公開
2015年9月のIS(国際規格)発行に向けて、ISO 9001、ISO 14001のFDISが7月初旬に公開されました。FDISは、ほぼ最終版の国際規格に沿った内容であり、いよいよ改定における最終段階をむかえています。BSIジャパンでは、本改定に関する無料セミナーや、トレーニング(有料)、資料ダウンロード、改定支援サービスなど各種ご用意しております。ぜひご利用ください!
≫ISO 9001(品質)はこちら
≫ISO 14001(環境)はこちら
ご存知ですか? 既に国内外500社に採用されたBSI Action Manager
既に国内外500社に採用されたBSI Action Manager(アクション・マネージャー)。ISMS(ISO/IEC 27001)、QMS(ISO 9001)、EMS(ISO 14001)等、マネジメントシステムの運用における不適合の管理、及びそれに伴う是正計画の管理のためのツールですが、これらに限らずマネジメント上の課題全般を管理対象とできることが人気の理由です。
≫詳しくはこちら
現在のマネジメントシステムに満足されていますか?組織の能力向上のための「BSI Capacity Building」
ISO などの国際規格に基づくマネジメントシステムを導入される本当の目的は何でしょうか?
マネジメントシステムが正しく機能するよう、自組織の能力向上“ Capacity Building” に取り組む組織が増えています。
BSI はマネジメントシステム導入のあらゆるフェーズにおいてサービスを提供し、お客様のCapacity 向上を支援します。
≫詳しくはこちら
「スタンダード(基準)のイギリス経済への貢献」
― 新たな報告書が発行されました ―
 スタンダード(基準)が、イギリス経済にどれだけ貢献しているかについて調査を行ったレポートが発行されました。本調査は、Centre for Economics and Business Research Ltd(Cebr)が実施したもので、イギリス国内の7つの重要なセクターにおいて、計527の事業者から得た回答をもとに報告書をまとめました。調査結果によると、スタンダードは、イギリスの国内総生産(GDP)のうち82億ポンドに相当する貢献をしているとのことです。多くの回答者が、スタンダード(基準)は、生産性及びパフォーマンスの向上に貢献していると回答しています。
≫詳しくはこちら
BSIのサプライチェーンリスクマネジメントサービス
BSIでは、サプライチェーンにおけるリスクの把握、サプライヤー管理ツール、そして二者監査代行等、サプライチェーンリスクマネジメントに関する様々なサービスを提供しています。 今年6月にはサプライチェーンマネジメントに関する無料イベントを開催し、多くの方にご参加いただきました。イベントレポートも掲載していますので、是非ご覧ください。
≫詳しくはこちら
事例紹介 アクサ生命へISO 22301(事業継続マネジメントシステム)を 認証、授与式を札幌・北海道庁にて行いました。
BSIジャパンはアクサ生命保険株式会社へISO 22301(事業継続マネジメントシステム)を認証し、札幌・北海道庁にて行われた記念の授与式と記者会見の場において、認証書の授与をさせていただきました。北海道のメディアの方も多く集まり、注目度の高さが伺えました。
≫フォトニュースはこちら
ISMS審査機関の視点で考える マイナンバー対策コース
実践に役立つコース教材!解説コースでは、特定個人情報ガイドラインで規定されている安全管理措置とISMS管理策の関連を。
入門コースでは、安全管理措置を踏まえた特定個人情報管理マニュアルサンプルをお渡しします。
≫詳しくはこちら
医療機器ソフトウェアの研修コースを開催 (2015年9月2日)
BSIジャパンでは、医療機器ソフトウェアの安全設計・保守に必要なライフサイクルプロセスに関する国際規格 IEC 62304:2006(JIS T 2304:2012)に関する1日解説セミナーを開催します。
プログラム医療機器の設計、設計審査、設計検証、及び、バリデーションの担当者の方は必見です。
≫詳しくはこちら
BSIは、社会貢献活動に力を入れています。
今年のBSIグループのSR Dayには、WaterAidへの社内チャリティイベントを行いました。 BSIジャパンでは、社会貢献活動(SR:social responsibility)として、様々な取り組みを行っています。BSIグループとして全体で支援しているNGO 団体 WaterAid(ウォーターエイド)への支援活動、日本も含むアジアパシフィック地域の各国で支援を行っている『森にすむオランウータン保護活動』などをご紹介いたします。

≫詳しくはこちら
随時アップデート中!“資料ダウンロード”をご活用ください
BSIでは、各規格の最新情報のホワイトペーパーやプロダクトシート、ケーススタディなどを、随時更新しております。是非資料ダウンロードページよりダウンロードしてご活用ください。

≫ダウンロードはこちら
今月はISO 9001 FDIS版の改定箇条対応表をアップしています!
ご好評をいただいています!無料セミナー、各地で開催中
無料セミナー マネジメントシステムの認証取得を検討されている企業・組織の皆様を対象に、参加費無料のセミナーを各地で開催しています。ISO 9001(品質)やISO 14001(環境)改定セミナーをはじめ、幅広い分野における情報提供を行っております。熱意あふれる講師陣と、共に学びませんか?

≫無料セミナースケジュール・お申込みはこちら
本eNewsletterは、弊社にご登録いただいておりますご連絡先窓口の御担当者様、また、メールによる情報配信をご希望いただいている皆様にお送りしております。審査関連でのご連絡先窓口の変更がございましたら、【1】会社名、【2】ご担当者名、【3】ご変更を希望する事項、の3点をご記載頂き、次のメールアドレスまでお知らせ頂けますようお願い申し上げます。

ご登録内容の変更をご希望の場合
Tel :03-6890-1172(クライアントリレーション本部直通)
E-mail :Japan.CS.Info@bsigroup.com
担当 :クライアントリレーション本部

また、今後、本eNewsletterのメール配信をご希望されない方は、お手数ですが、タイトルを【remove】として Japan.Marketing@bsigroup.com までご返信ください。
●発行●
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会)
マーケティング本部
E-mail Japan.Marketing@bsigroup.com
Tel :03-6890-1174
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5F
URL http://www.bsigroup.com/ja-JP/
https://www.facebook.com/bsijapan
bsi making excellence a habit.