予備調査/ギャップ分析評価

予備調査とは?

初回審査の前に、対象のマネジメントシステム規格に対して貴社の受審準備が十分かどうか、初回審査へと進める状況にあるかどうかを判断するために、予備調査を選択することが出来ます。

これは完全なオプションであり、実施の有無は初回審査に影響を与えるものではありません。


ギャップ分析評価とは?

初回審査、または規格改訂時の移行審査などの前に、お客様が規格への適合状況を自己分析した結果を確認するサービスです。

お客様に自組織の準備状況を確認して「規格の要求事項と現状とのギャップ」を把握していただいた後、BSIジャパンの審査員がその内容についてフィードバックを行うものです。


関連ページ

BSIのCapacity buildingについても是非ご参照ください。