呼吸器、耳、目の保護具の試験・認証

呼吸器の保護具の試験

呼吸器の保護具の試験・認証のマーケット・リーダーであるBSIは、この分野で最も有名な製造メーカ様数社に対して、製品の上市サポートをご提供しています。BSIでは、専門家による優れたサービスが提供できるように、中核的研究拠点であるKitemark House(カイトマーク・ハウス)を擁しているほか、最近リサーチラボを改装し、最先端の試験装置を導入していています。

呼吸装置を欧州市場で新たに売り出すには、BSなどのノーティファイド・ボディを使って型式試験(type examination)を受け、製品にCEマーキングを貼付する必要がありますが、BSIではそのサポートをいたします。また、製品の差別化につがるBSI Kitemark (最も有名な品質マークの一つ) の取得支援も行います。

BSIの試験実施能力には以下のものが含まれます。

  • 呼吸抵抗
  • フィルター透過
  • 全漏れ率(TIL)
  • CO2の蓄積
  • 可燃性
  • 粉じんの目詰まり
  • 視野
  • 力学的強度と性能の試験

呼吸器保護具の技術の進歩により、今や呼吸器保護具に頭部、目、耳の保護具を組み込むことが可能になったほか、一部の保護具には電子機器さえ組み込めるようになりました。BSIは、お客様が法規制順守と製品開発の要求事項を満たせるように、こうした要求事項に対する完全な試験ソリューションをご提供することができます。

BSIが試験可能な呼吸器保護具には以下のものがあります。

  • 半面形面体(ハーフ/クォーターマスク)
  • 吸収缶(粉じん機能なし)と吸収缶(防じん機能付き)
  • ろ過材
  • 粉じん防護用ろ過材使用半面形面体
  • 動力付きフードとヘルメット
  • 動力付きろ過式呼吸用全面形/半面形面体
  • 安全弁付きろ過式半面形面体
  • 全面形面体 - 等級 1、2、3
  • 自給式呼吸器
  • フェイスマスク用送気ホース
  • 一定流量形エアラインマスク
  • 自給式避難用呼吸用保護具)
  • 避難フード付き自給式空気呼吸器

耳の保護具

職場などにおいて、過度の騒音が蔓延しています。2005年の職場騒音規則(The Control of Noise at Work Regulations)は、雇用者が耳の保護具を提供し、聴力保護具着用ゾーンを指定しなければならない騒音レベルを85dB(1日当たりの平均暴露)と定めています。雇用者が作業者のリスクを評価し、情報とトレーニングを提供しなければならないレベルは、現在、80dBに設定されています。また、作業者の騒音への暴露の許容限度は87dB(耳の保護具の着用を前提として)です。

BSIでは、耳の保護具に関して、個人用保護具指令(Personal Protective Equipment Directive)89/686/EECの順守を確実にするための各種試験を行います。また、製品の品質証明と差別化に役だつBSI Kitemark認証をご提供することもできます。

BSIが試験可能な耳の保護具には以下のものがあります。

  • イヤーマフ(聴覚保護具)
  • 耳栓
  • 安全ヘルメットに装着されたイヤーマフ
  • レベル依存イヤーマフ
  • 能動騒音低減イヤーマフ
  • 周囲音再生機能付イヤーマフ
  • レベル依存耳栓

目の保護具

CEマーキング(CE Marking)に関するPPE指令(89/686/EEC)では、通常、目の保護具はカテゴリーIIとして分類され、保護のレベルに応じて等級付けされています。

  • BSIが試験可能な目の保護具には以下のものがあります。
  • 個人用の目の保護具
  • 溶接フィルター
  • 紫外フィルター
  • 赤外フィルター
  • 太陽光のまぶしさを軽減する工業用フィルター
  • 溶接工の目・顔の保護具
  • メッシュタイプのフェイスガードスクリーン
  • サングラスと太陽光のまぶしさを軽減するフィルター
  • 車両使用者用のバイザー
  • 水泳用ゴーグル
  • ラケット競技とスカッシュのプレーヤー用の目の保護具