欧州低電圧指令

 

Low Voltage Directive (LVD 2014/35/EU)

欧州低電圧指令(European Low Voltage Directive)2014/35/EUは、電気機器の使用に起因する全てのリスク、すなわち、電気に関するリスクだけでなく、機械的・化学的リスク(特に、腐食性物質の放出)、騒音と振動など健康面のリスク、人間工学的側面のリスク(低電圧指令で意味するところの危険(Hazard)から防護するために人間工学的要件が必要である場合)を対象としています。LVDでは、この指令の必須基本要件(Essential Requirements)にあたる11の安全目標(Safety Objective)が設定されています。

電気機器が整合規格に従って製造されている場合には、LVDの安全目標に適合しているとみなされます。別の方法として、製造業者は、整合規格や国際規格、国内規格を適用しないでLVDの必須基本要件(すなわち安全目標)に適合した製品を製作することもできますが、この場合、当該製品は、LVDの安全目標に適合しているとはみなされず、適合性を証明するために低電圧指令の安全面を満たすために採用した解決方法を技術文書の中に盛り込む必要があります。

BSIは、技術的な支援と試験のご提供を通じて、お客様のCEマーク(CE Mark)の取得をサポートいたします。


指令の対象者

低電圧指令は、特定の電圧定格の範囲内(AC50~1000V、DC75~1500V)で動作する機器を製造しており、欧州市場でそれを販売することを希望する製造業者に適用されます。


対象となる製品

電気機器(安全)規則(LVD)は、AC50~1000V、DC75~1500Vの電圧定格で使用するために設計された全ての電気機器に適用されます。プラグとソケットは、Plugs and Sockets Etc. (Safety) Regulations 1994(SI 1994 No. 1768)という別の法律の対象となります。

  • LVDの適用範囲は、上記の電圧の限度内で動作するように設計された機器で、具体的には以下のものが含まれます。
  • 電気器具
  • バラストを含む照明機器
  • 開閉装置と制御装置
  • 電気配線
  • 電源接続器とコード
  • 電気設備機器等
  • 変圧器、モーター等他の機器に組み込まれるための電気機器

指令に適合することのメリット

指令要件に適合することで、欧州市場で製品を販売できるようになります。BSIは、指令への適合をサポートし、お客様の世界市場への参入、法規制の遵守、ビジネスの国際展開を支援いたします。