6次産業調査結果公表・農商工連携フォーラム

 農林水産省は平成26年度の6次産業化総合調査結果を発表しました。

6次産業とは、第一次産業(農業・水産業)が第二次産業(食品加工)や第三次産業(販売・流通)にも業務展開する経営形態です。農業者や水産業者が第二次・第三次から得る付加価値を通じて、業界を活性化させようという仕組みです。

調査によると、平成26年度の農業生産関連の年間の販売総額は約1兆8672億円、漁業生産関連事業は約2055億円と発表されています。

 

農林水産省では、6次産業化の取り組み推進図り、経済産業省と連携して、2017年から「6次産業化・農商工連携フォーラム」を開催する予定です。

詳細は、農林水産省のWebページをご参照ください。

 

6次産業化総合調査結果はこちらから。

「6次産業化・農商工連携フォーラム」に関してはこちらから。