BSI(英国規格協会)が提供するPAS規格の開発を視野に入れたブルーライトケア製品の評価・認証プログラム「ブルーライト研究会(BLS: Blue Light Society)認証制度」が創設

2014年2月13日

学術団体「ブルーライト研究会」(世話人代表・坪田一男)が、ブルーライトケア製品の評価・認証プログラムである「ブルーライト研究会(BLS: Blue Light Society)認証制度」を創設したことを発表いたしました。

この「ブルーライト研究会(BLS: Blue Light Society)認証制度」は、BSI(英国規格協会)が提供するサービスであるPAS規格(※1)開発を視野に入れており、ブルーライトケア製品が“消費者の健康を考える”という目的に基づき、適切に企画設計・開発されていることを評価・認証することにより、消費者が安心して製品を選択し、利用できるようにすることを認証の目的としています。認証された企業は、対象となる商品にその企業が「ブルーライト研究会認証」を取得していることを明記することで、商品の機能性や安全性などに関する情報を一般消費者に対して開示することができます。
http://blue-light.biz/document_program/?p=186

※1 PAS規格について
PAS 規格は、 “Publicly Available Specification” の略であり、日本語では「公開仕様書」となります。この規格は信頼できる公に認知された規格を作成したいという希望があれば、どのような組織(企業、政府機関、団体、NPO、学術機関など)でも作ることが可能です。PAS が国際的に広く活用された実績をもとに、BSIが国際規格とすることをISO に提案することで、PAS規格からISO 化された規格がこれまでにも多く存在しており、現在BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)においても数件のPAS規格策定プロジェクトが進行しています。
PAS規格策定サービスについて、詳細は下記URLをご覧ください。

http://www.bsigroup.jp/ja-jp/standards/PAS_standard/


…………………………………………………………………………………………

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について

BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。
BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。
マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。
マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。

URL:http://www.bsigroup.jp/


■お問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174 FAX: 03-6890-1181