BSIジャパンの社会貢献活動

私たちは、社会的責任(SR:Social Responsibility)を、BSIの意思決定、活動や文化の本質としていくことを約束します。


BSIのコミットメント

SR cover

  • 社会的責任を持つことは、社会や環境へ与える影響に対して、透明性のある倫理的な行いを以て説明できるようになることです。
  • 私たちは、BS ISO 26000:2010 社会的責任に関する手引き に基づき、またBSIの企業理念や卓越した行動によって、社会的責任に対するアプローチを進めます。


特に注力する分野

 

Our Business

Our Business

事業活動へのSRの組み込み
社会へのSRの啓蒙と促進

Our People

Our People

能力開発の機会
ダイバーシティ
インクルージョン

Our Communities

Our Communities

ボランティア活動の推進
慈善寄付

Our Environment

Our Environment

環境負荷を考慮した事業活動
省エネルギーの実践


WaterAid への支援

BSI in support of WaterAid

BSI は、グローバル全体で、NGO 団体 WaterAid への支援をしています。

WaterAid は、世界の最も貧困な人びとに安全な水と衛生を届けることを目的に、1981 年にロンドンで設立された NGO であり、世界 27 か国(2013 年時点)で、現地の団体と協力しながら水・衛生事業を実施し、すべての人びとが安全な水と衛生設備を使うことができる世界を目指して活動されています。

BSI ジャパンは、社内の自動販売機から自動的に一部を募金できる仕組みや社内のイベント時に募金を募るなど、ささやかながら日頃より支援を続けております。

poster

2014年10月には、大阪にて開催された「大阪マラソン 2014」へ、WaterAid のチャリティーランナーとして、BSI も参加いたしました。社内外から合計 7 万円以上のご寄付をいただいての参加となりました。皆様の温かいご支援と応援、ありがとうございました。

WarterAid ジャパン: http://wateraidjapan.org/


森にすむオランウータン保護活動

Orangutan Land Trust

BSI ジャパンは今年、2 頭のオランウータンの里親となりました。

安価なことから世界中で最も多く生産され、食用やバイオ燃料にも多く使用されているパーム油の生産のため、ボルネオ島(マレーシア、インドネシア)など赤道付近の地域では熱帯雨林を大量伐採してのアブラヤシ農園が開発されており、そこでは劣悪な労働環境、そして野生生物の危機が問題となっています。

BSI では、2014 年 3 月より、BSI ジャパンを含む BSI アジアパシフィック地域各国にて、アブラヤシ農園開発により住む場所を失ったオランウータンを健康な森に返して環境と労働環境保護との両立をめざす団体「OrangutanLand Trust」との連携を決定し、2 頭のオランウータンを養子として保護することとなりました。

HenrikとJossy

写真左のHenrik 君(オス、推定 4 歳)と、右のJossy ちゃん(メス、推定 4 歳)がその 2 頭です。

BSI は、グループ全体で環境保護運動にコミットしています。


エコキャップ活動(ペットボトルキャップ収集)

recycle

BSI ジャパンは、リサイクルの促進、CO2 の削減、売却益で発展途上国の医療支援等の目的で、エコキャップ運動をおこなっております。

全国障害者福祉援護協会に提供したこれまでの累計は 20,855 個になり、これはポリオワクチン 24.3 人分、CO2 削減効果 152.78 kg に値します。