ISO/TS 16949
自動車産業品質マネジメント

ISO/TS 16949は、自動車(または二輪車)メーカーが、品質、納期その他の要求事項を満たすために、その自動車(または二輪車)を構成する製品の供給者に対して要求しているマネジメントシステム規格です。

品質パフォーマンスと経営効率の向上を実現するための、開発、製造、取り付けまたは自動車製品の保守を行うために必要なすべての概要を示しています。





ISO/TS 16949 とは

ISO/TS 16949は、自動車産業向けのグローバルな技術仕様書であり、品質管理基準です。ヨーロッパや米国各地からの基準をあわせもったマネジメントシステム規格として誕生しました。

自動車(または二輪車)メーカーが、品質、納期その他の要求事項を満たすために、その自動車(または二輪車)を構成する製品の供給者に対して要求を行います。

既存のセクター規格(VDA、EAQF、AVSQ)に代わるものではありませんが、ISO/TS 16949に賛同する各自動車メーカーは、ISO/TS 16949をVDA、AVSQおよびEAQFと同等の規格として認めており、ISO/TS 16949を認証取得することは、ISO/TS 16949に賛同する各自動車メーカーのサプライチェーンにおいてビジネス上の要求事項となっています。


マネジメントシステム構築に必須の5コアツール

ISO/TS 16949の品質マネジメントシステム構築/運用には、以下の5つのツール(一般的に「5コアツール」という)を導入し、組織のシステムを効果的に運用することが必要となります。
ISO/TS 16949の審査においても重要視されるシステム構築のポイントです。

APQP~ 先行製品品質計画及びコントロールプラン
PPAP~ 生産部品承認プロセス
FMEA~ 故障モード影響解析
SPC~ 統計的工程管理
MSA~ 測定システム解析

ISO/TS 16949 のメリット

  1. 競争優位性
    認証取得により、グローバルな自動車産業における取引条件を達成し、期待される結果を出すマネジメントシステムに変革が可能となります。

  2. ブランド力の強化と市場参入機会の拡大
    グローバルな自動車産業におけるビジネス上の信用度とブランド力、イメージが向上し、市場参入機会が拡大します。

  3. 品質パフォーマンスの向上と経営効率の改善
    製品と工程両方の側面から品質改善を行い、ビジネスパフォーマンスの向上とビジネスリスクの管理が実現できます。

  4. コスト削減
    統一された規格を使用した認証により、第二者監査のコスト削減が可能となります。

  5. 業務効率化
    プロセスアプローチの効果的適用により「自工程完結」の実現に近づきます。

  6. リスク低減
    コアツールの効果的適用に伴いQ・C・Dに関連したリスクの軽減が可能です。また、各種変更に伴うリスクを封じ込める信頼性の高い変更管理が実現できます。

  7. 内部コミュニケーションの促進とモラル・力量の向上
    スタッフの事業への参画意識を高めることができます。また、スタッフの力量不足やチームワーク上の問題に関して、早期発見が可能となります。